本『慈雨』 プレゼント!~生きづらさを抱えた人に寄り添う 著者の渾身の思いを綴った一冊~

 心ない行動や言葉が、人を追い詰め事件になるケースも多い昨今。この本『慈雨』の筆者・大木太枝(たえ)さんも、20数年前、愛する家族が他人の中傷によって自死し、自らも心に傷を負ってしまったひとり。その後、市原市内で心理カウンセラーとして、心身の不調で悩む人たちに寄り添ってきました。

 失った家族のこと、事件に向き合い苦悩を乗り越えたこと、活動してきたその日々や想いなどを「やっと言葉にできた」と言う大木さん。「どなたの人生も紆余曲折、苦悩の道のりの中で、ささやかな幸せに感謝しながら暮らしていることと思います。私もその一端をまとめました」とのこと。

「数年間は春が大嫌いだった(中略)恨めしくて春にまで腹を立てていた。目眩がするほどに美しく咲き誇る桜が悲しかった」状況から、「乾ききって今にも倒れそうな私を潤し、根っこまで沁み込んでくる。やがて、ゆっくりと起き上がる力が漲ってくる」と感じ、「生きている限り、誰かの乾いた心を潤す慈雨でありたい」と願うようになった年月を綴ります。 「これを書き終えたことでやっと私なりに心の整理ができたと感じています」とあとがきに寄せた大木さん。本は今年4月に出版。書店、アマゾン、楽天ブックス等で販売中です。

 

●『慈雨』 著者:大木太枝 A5判・72P 税別1000円

発行:文芸社 Tel.03・5369・2299

 

●この本を1名様にプレゼント

 希望の方はハガキ、FAX、メールにて、〒・住所・氏名・電話番号などを明記し、シティライフ・本プレゼント係まで。10/3(火)必着。

宛先:〒290の0056 市原市五井4874の1

Fax.0436・21・9142

メール:kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る