冊子プレゼント~伝えていきたい市原の食文化・海苔と房総太巻き寿司~

 房総太巻き寿司教室を主宰する、「いちはら食育の会」代表の上田悦子さんが、昨年9月、「伝えていきたい市原の食文化・第一集~海苔と房総太巻き寿司~」を発行しました。巻き寿司で絵柄を作る房総太巻き寿司は、県内の郷土料理として様々な模様を伝え、昭和前期には冠婚葬祭の料理として各家庭で作られました。その後、創作巻き寿司として全国的に人気になり、今では料理研究家や愛好家の人たちが新作の模様を次々と考案しています。

 今回、上田さんがまとめたこの冊子は、市原市市制60周年記念として制作。市原で伝えられてきた太巻き寿司や海苔について、小出譲治市長や林充教育長ほか、市内在住・出身の方9名が、それぞれの思い出を寄稿しています。資料では海苔作りの工程と、海苔と太巻き寿司関連の歴史年表があります。「令和3年から房総太巻き寿司の歴史を調べるなかで、地域の皆さんの貴重なお話を残していかなければと考えました」と上田さん。冊子は無料で配布中です。興味のある方はぜひ上田さんへ連絡を。

 

●「伝えていきたい市原の食文化・第一集~海苔と房総太巻き寿司」 

A4版 14ページ フルカラー 無料配布

問合せ:いちはら食育の会・上田さん

Tel.0436・21・8599

メール:eu-kyoritu-0604@kym.biglobe.ne.jp

 

●この冊子を10名様にプレゼント!

 希望の方はハガキ、FAX、メールにて申込み。郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、シティライフ編集室 冊子プレゼント係まで。1/23(火)必着。

宛先:〒290の0056 市原市五井4874の1

FAX0436・21・9142

メール:kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る