歴史小説「黄金の使者・ 丈部大麻呂」を発刊【市原市】

「丈部大麻呂」は上総国市原郡の郡司の子息であり、奈良東大寺の瑠舎那大仏(るしゃなだいぶつ)の表面をメッキするに必要な金の産出に成功し、無位無官から貴族に取り立てられた歴史上の人物である。

 大麻呂は奈良時代の歴史の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも、斎宮頭(さいぐうのかみ)、造長岡京使(ぞうながおかきょうし)、織部正(おりべのかみ)を歴任し、最後は隠岐国の国守となる。史上例をみないヒラ役人の身分から国司にまで登りつめた古代市原の英雄であり、本著はそのサクセスストーリーである。

 大麻呂の生きた奈良の時代は、表面的には天平文化に彩られた華やかな時代であったが、裏の世界では、長屋王の変、橘奈良麻呂の乱、藤原仲麻呂の乱など陰謀と暗殺が渦巻く、政権闘争に明け暮れた時代でもあった。大麻呂は同時代の生き証人であり、奈良時代の歴史を概観するうえでも有益である。また海上郡(養老川の南側)の郡司の子息で隼人正(はやとのかみ)となった上総宿祢建麻呂(かずさすくねたけまろ)や、同郡司の息女で光明皇后の側近となった上海上内侍(かみうなかみのないしし)との交わりも興味深く描かれる。

 著者は房総古代道研究会と観光ボランティアガイド・かずさのくに国府探検会の会長で、房総の地域史を研究している山本勝彦氏。現在、一冊500円で一般頒布している(A5版104ページ)。ご希望の方はFAXまたは電話(いずれも番号同じ)にてお申込みを。

Tel.Fax.0436・23・1098

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る