歴史小説「黄金の使者・ 丈部大麻呂」を発刊【市原市】

「丈部大麻呂」は上総国市原郡の郡司の子息であり、奈良東大寺の瑠舎那大仏(るしゃなだいぶつ)の表面をメッキするに必要な金の産出に成功し、無位無官から貴族に取り立てられた歴史上の人物である。

 大麻呂は奈良時代の歴史の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも、斎宮頭(さいぐうのかみ)、造長岡京使(ぞうながおかきょうし)、織部正(おりべのかみ)を歴任し、最後は隠岐国の国守となる。史上例をみないヒラ役人の身分から国司にまで登りつめた古代市原の英雄であり、本著はそのサクセスストーリーである。

 大麻呂の生きた奈良の時代は、表面的には天平文化に彩られた華やかな時代であったが、裏の世界では、長屋王の変、橘奈良麻呂の乱、藤原仲麻呂の乱など陰謀と暗殺が渦巻く、政権闘争に明け暮れた時代でもあった。大麻呂は同時代の生き証人であり、奈良時代の歴史を概観するうえでも有益である。また海上郡(養老川の南側)の郡司の子息で隼人正(はやとのかみ)となった上総宿祢建麻呂(かずさすくねたけまろ)や、同郡司の息女で光明皇后の側近となった上海上内侍(かみうなかみのないしし)との交わりも興味深く描かれる。

 著者は房総古代道研究会と観光ボランティアガイド・かずさのくに国府探検会の会長で、房総の地域史を研究している山本勝彦氏。現在、一冊500円で一般頒布している(A5版104ページ)。ご希望の方はFAXまたは電話(いずれも番号同じ)にてお申込みを。

Tel.Fax.0436・23・1098

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る