懐かしのシネマ~オードリー・ヘプバーン~

 多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人気の高い女優で、読者の皆様にも様々な思い出があるかと思います。何十年か前、ヘプバーンの魅力についてのアンケート記事で、女性67%・男性56%が「清楚(せいそ)で気品がある」と答えていました。「永遠の妖精」と呼ばれた彼女のイメージは、やはり抜擢(ばってき)された王女役が決定づけたのではないでしょうか。自分もその「ローマの休日」(モノクロ)が初見で、これほど爽やかでロマンティックな映画は初めてだと、とても感動したのを覚えています。

 ヘプバーンは1929年5月4日(昭和4年)ベルギー生まれ、1993年1月20日(平成5年)スイスにて63歳没。国籍:イギリス、職業:女優(映画・舞台・テレビドラマ)、活動期間:1948~1989年。メル・ファーラー(監督・俳優)、アンドレア・マリオ・ドッティ(医師)との間に、それぞれ男子がいます。

 1953年(昭和28年)「ローマの休日」でアカデミー主演女優賞に輝き、その後も1954年「麗しのサブリナ」、1959年「尼僧物語」、1961年「ティファニーで朝食を」、1963年「シャレード」、1964年「マイ・フェア・レディ」、1967年「暗くなるまで待って」など話題作に出演。アカデミー賞のほか、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、舞台作品「オンディーヌ」でトニー賞、演劇主演女優賞を受賞。さらに死後にもグラミー賞とエミー賞を受賞し、アカデミー賞・エミー賞・グラミー賞・トニー賞を受賞した数少ない女優のひとりとなっています。

 70年代以降のヘプバーンは、映画など出演を非常に限定してしぼり、多くの時間を国際連合児童基金(ユニセフ)の仕事に捧げました。1988~1992年にはユニセフ親善大使として、アフリカ・南米・アジアの恵まれない人々への援助活動に献身。1992年には、アメリカ合衆国における文民への最高勲章である大統領自由勲章を授与され、その受勲1カ月後の1993年1月、自宅で虫垂癌のため63歳で身罷(みまか)りました。

 2020年には、彼女のドキュメンタリー映画「オードリー・ヘプバーン」がイギリスで制作され、日本では2022年5月に公開。貴重なアーカイブ映像をリマスターして使用、ヘプバーンの息子や孫、共演した俳優や監督など、数多くの関係者がインタビューで出演しています。「彼女がその人生で何を求めていたのか」が描かれた映画です。

※文中の一部は新聞等から引用しています。

 

◇黛葉(まゆずみ・よう)
茂原市在住。1942年生。元映画配給会社宣伝プロデューサー。現役時代は年200本以上を鑑賞、現在、放送された洋邦画の録画DVDは1100枚以上にのぼる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る