海の幸に山の幸 館山の旬が揃い踏み~道の駅グリーンファーム館山~【館山市】

『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵まれた館山市では、1年を通じて様々な農作物が作られ、旬の野菜や果物、海産物にジビエなどが道の駅にも所狭しと並べられる。グリーンファーム館山はそれら物販に加え、BBQ(バーベキュー)や農作物の収穫体験などができる体験型道の駅として『食と体験のテーマパーク』を目指し、南房総の魅力を発信している。

オリジナル商品が充実

木製遊具のある広場

 館山市が取り組む『食のまちづくり』とは、多彩な農水産資源をもとに地産地消を推し進め、館山の『食』の魅力が高まることにより地域全体が豊かになるという構想。既存の商品に留まらず、様々な新商品、コラボ商品が生み出されている。

 駅長の北下(ぼっけ)拓宏さんは「当駅ではオリジナル商品に力を入れています。館山で創業100年の和洋菓子店・房洋堂さんに、グ

ドッグラン

リーンファーム館山でしか手に入らないお土産として『花まるタルト』と『はちみつかすていら』『ピーナツかすていら』をつくっていただきました」と説明する。『花まるタルト』は、トロピカルフルーツ味とピーナッツチョコレート味のタルト菓子が1箱に、『かすていら』はそれぞれ館山の『宮本養鶏』の卵と『木村ピーナッツ』の落花生が使われている。そのほか、館山産の米・粒すけを100%使用した『ポンせんべい』もグリーンファーム館山の限定商品だ。

店内・佐藤商店のバナナ

「佐藤商店さんのバナナはよく午前中で売り切れてしまいます」と話すのは直売所スタッフの井上和恵さん。館山市内のバナナ専門問屋・佐藤商店のバナナは、独自の仕入れと熟成方法でおいしいと好評だとのこと。週に数回駐車場に出店するキッチンカー『Kitchen Boo』では、佐藤商店のバナナを使用した『特濃バナナジュース』を飲むことができる。「ジビエのイノシシは、スライス肉の味噌漬けや山サンガ、ジャーキーには犬用のおやつキューブもあります。くじらはベーコンやハム、珍しいところでは舌(タン)がよく売れています」と井上さん。テレビのバラエティー番組で取り上げられた『ゴマ和えの素』『ピーナツ和えの素』は砂糖が入っているので簡単に和え物ができて大変人気だとか。『最中種 たね倉』がつくる『シナピー』は地元産のピーナッツ味噌をつぶのままミルク餡で包み込み、自家製の最中皮ではさんだ最中で、『シナピーあずきあん』はグリーンファーム館山限定だ。酒類も、館山のフルーツを使ったフルーツジンなどのクラフトジンやクラフトビールと種類豊富。地元作家の工芸品は、シーグラスの器やとんぼ玉のアクセサリー、ジビエレザーのキーホルダーなど個性が光る作品が揃う。館山市在住のさかなクンプロデュースのキッチングッズも注目を集める。

グルメにも限定品

花まるタルト

 駐車場から直売所を抜けた建物の南側には、農園とイベント広場がある。広場の一角には子どもが自由に遊べる木製の遊具があり、敷地内にはドッグランもできあがった。北下駅長は、「農業体験が当駅の1つの売りですが、開業1年目の今年度はどんな作物が育つか未知数です。オープン後ポピーの花摘みや玉ねぎの収穫体験を行いましたが、これからも折に触れてSNSでイベントのお知らせをいたします。どうぞお楽しみに」と話す。

 BBQは、食材付きの『手ぶらでBBQ』と自分で好きな食材を用意する『もちこみBBQ』。初心者でも使いやすいアメリカ製の『Weberガスグリル』を使用するのが特徴で、蒸

館山ジビエバーガー

し焼きもできる。BBQの予約はホームページから。レストラン『のうえんカフェ』は、袖ヶ浦で行列の絶えない人気店が南房総初出店。『ロールキャベツグラタン』やジビエの限定メニュー『WILDBOARのポットパイ』など、とれたての野菜を中心とした人気メニューが並ぶ。『須藤牧場』と『TATEYAMA BURGER』(タテヤマバーガー)はテイクアウト専門。須藤牧場の看板メニューは生シェイクで、生シェイクのための特別配合のソフトクリームで作られている。『ピーナッツ味』はグリーンファームだけで味わえる限定商品だ。

地元作家のシーグラス作品

グリーンファーム館山のオープンから数回行われた牛の乳しぼり体験では、須藤牧場から牛がやってきた。直売所では『低温殺菌ノンホモ牛乳』『低温殺菌ノンホモジャージー牛乳』を販売している。TATEYAMA BURGERのおすすめは、『館山ジビエバーガー』。バンズは館山のパン屋『ブーランジェリー スルジェ』のもの。トマト煮込み味とハニーマスタード味の2種類の『プカドッグ』も人気。

 印西市からドライブで訪れた夫婦は、「前回買った野菜がとても新鮮で、レストランでの食事もおいしかったので今日は2回目です」。木更津市からの夫婦は、「珍しいものがたくさんあって、ここに来るとつい買いすぎてしまいます」とソフトクリームを食べながらにこやかに話した。山滴る季節、自分だけの逸品を探しに出かけてみてはいかが。

 

問合せ:道の駅グリーンファーム館山 年中無休

            館山市稲274

           Tel.0470・29・7015

           https://greenfarm-tateyama.com/

営業時間:直売所9時~17時

     のうえんカフェ館山10時半~16時半(L.O.)

     須藤牧場・TATEYAMA BURGER10時~16時半(L.O.)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る