『フラワーソープ』作りに挑戦

アロマの香り漂う『フラワーソープ』作りに挑戦

 山武市では資源循環型社会の取り組みとして、バイオマス事業を推進している。市の30%が森林という山武市。かつては林業が盛んだったが、安い輸入木材や病気による木の立ち枯れなどで林業も衰退。木材の利活用としてバイオマス事業を開始した。
 3月20日、さんぶの森交流センターあららぎ館では、そんな山武市の取り組みを紹介した『バイオマスミニ講座』が行われた。交流センターにはバイオマス体験棟もあり、ウッドバイオマスプラスチックや木質ペレットについて学ぶこともできる。
 そしてこの日、ミニ講座に参加した方々が楽しみにしていたのが、講座後に行われた『フラワーソープづくり教室』だ。フラワーソープは、その名の通り石鹸から生まれた花。美しさを見て楽しむだけでなく、花びらが石鹸素材でできているのでアロマの香りも楽しめると、インテリアや贈り物として人気だ。講座後、さっそくウッドバイオマスプラスチックで作った鉢を使い、講師の百瀬百合さんによるフラワーソープ教室が行われた。
 花びら自体は既製のものが用意されているので、花びらを開くように形成し、鉢に挿していけばよいのだが、これがなかなか難しい。石鹸素材でできているので、乾燥すると硬くなってしまう。ドライヤーの温風や手の熱で温めてやわらかくしながら花びらを1枚1枚開いていく作業がけっこう大変。「折れちゃいそうで怖い」とみな慎重。最後に造花の葉っぱやリボンなどで飾っていけば出来上がりだ。
 広報を見て参加したという女性は、「石鹸のニオイがするお花ってどんなものだろうって好奇心できました。花びらを開くときに切れそうで難しかったですけれど、短時間でこんな豪華なものができてすごく楽しかったです」と、ほのかに香り漂うフラワーソープを完成させた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る