『早寝早起き朝ごはん』で文部科学大臣賞受賞

『早寝早起き朝ごはん』で文部科学大臣賞受賞
みんなで生活習慣をチェック

 白子町立南白亀小学校は一昨年から学校全体で『南白亀っ子元気アップ・プラン大作戦』に取り組んできた。子どもたちの学習意欲や体力、気力の低下は食事、睡眠、運動などの基本的生活習慣の乱れに関係していると考え、まず生活習慣をチェックした。「午後10時には寝る」、「好ききらいはない」、「運動をしている」など千葉県教育委員会の作成した30項目におよぶチェック表を活用し、その結果をグラフに起こし、自分の課題を見つけ、課題克服のための作戦を立てる。そして作戦が実行されたかどうかを毎日『いきいきちばっ子カレンダー』でチェックしていった。
 高山佳久校長は、「子どもたちの健康な成長は大人の責任です。今の子どもたちは、地域性もありますが、学校から帰ってから外で遊ぶ子は少なく、夜遅くまで起きている子が多いですね。生活習慣は大人になってから直すのは大変です。今から正しい生活習慣を身につければ、病気に強い体作りもできます。それには、家庭や地域の協力も不可欠です」と話す。そのため家庭には学校だよりで呼びかけをし、給食センターの栄養士や町の管理栄養士を招き、食事の大切さの講話や、簡単な朝食メニューの調理実習などを行った。
 その結果、4月に全体で最低値21.1%だった「テレビを見る時間は決まっている」は12月の調査時には43.1%に。「好ききらいなく食べる」は39.4%から47.2%へ向上した。ほかにも「家に帰ってからも散歩や出かける」、「1日3食とっている」なども改善が見られた。そして今年3月、この南白亀小の取り組みが、特色のあるすぐれた実践、地域全体への普及などの点で評価され、文部科学省が推進する『早寝早起き朝ごはん』運動で『文部科学大臣賞』を受賞した。
 6年生の渡辺晴稀さんは早寝早起きが課題だった。「遅くまでテレビを見ていて、朝起きられなくて車で送ってもらったりしていました。でも外で体を動かしたりして夜は9時には寝るようにしたら、朝もちゃんと起きられるようになったし、風邪もひかなくなりました」。なんとチェック表の○の数は1年間で倍近く増えたとか。
 前田凪砂さんも、「焼き魚が苦手だったんですけど、全部食べるようにがんばりました」。倉田理瑚さんは、「部活の後のおかしが大好きでした。でもそれを飲み物にかえたり、苦手な野菜は、お母さんが細かく切って料理に入れてくれたりしたら、体重も減っていい感じです」と3人とも元気いっぱい。「子どもたちに正しい習慣を身につけてもらうために、今後は維持とアップが大事だと思っています」と高山校長。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る