『大多喜城讃歌』踊りを前夜祭で再び

『大多喜城讃歌』踊りを前夜祭で再び

 昭和50年に大多喜城本丸跡に完成した『県立総南博物館』(現県立中央博物館大多喜城分館)。それを記念して始まったのが『大多喜お城まつり』だ。そして、そこで町の婦人会の面々が揃いの浴衣で披露したのが『大多喜城讃歌』に合わせての踊りだった。しかし、婦人会の解散により『お城まつり』で踊られることはなくなった。
 そんな『大多喜城讃歌』の踊りを数十年ぶりに踊ろうと立ち上がったのが、40年ぶりに故郷にUターンした柴崎光子さんだ。「私は高校を卒業して町を出ていたので、この踊りは知らないんです。でも、とてもいい歌でいい踊りだと聞き、それなら私が」と知り合いの踊りの師匠・鎌田洋子(坂東京将)さんに声をかけ、指導を引き受けてもらった。
 すでに6月から毎週土曜、夜7時から大多喜町の農村コミュニティーセンターで踊りの練習が始まり、昔踊った経験者から初心者までが、今年9月29日(日)に行われる『大多喜お城まつり』の前夜祭で披露するべく練習に励んでいる。参加者大募集中。

問合せ 柴崎光子さん
TEL 0470・83・1063

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る