里山と共に生きる

里山と共に生きる
竹を有効活用してよりよい暮らしを

 長生郡長柄町や長南町の里山を救おうとする活動が、NPO法人『竹もりの里』によって行われている。昔はざる、かご、台所用品、農作業用支柱、建材、おもちゃなど、多方面で使われていた竹はプラスチックの普及と共に使われなくなった。よって、未整備の竹林の面積が増加し、現在は県全体としても大きな問題として取り扱われている。     『竹もりの里』の活動は2010年9月からで、内容も様々。竹林整備と同時併行で、タケノコ狩り体験、タケノコ販売、竹ベンチの製作ワークショップ、竹パウダーの販売など。
「竹パウダーは竹を専用の機械で粉砕したもの。密封状態で乳酸発酵します。畑に使用すると野菜に旨みが増し、家庭菜園での使用が増加中です。養鶏飼料に使うと鶏の腸内作用を整えるという報告もあります」と話すのは、『竹もりの里』代表理事の鹿嶋興一さん(64)。また、竹の消し炭も畑の土壌改良剤となり、竹林再生のため販路拡大を目指す。鹿嶋さんは「竹炭は炭素を固定するから、地球温暖化防止につながる」と続ける。
 事務局の田島俊介さん(29)は、「毎月第1・第2・第4土曜日には、長柄町の古民家『竹もり庵』で竹細工サークルが活動中です。老若男女集って、みんなで竹細工をつくっています。第3土曜日は、「竹林整備デー」とし、みんなで長南町と長柄町の竹林で、枯れ竹や古くなった竹を取り除く作業を行っていて、参加メンバー随時募集中です。みなさんも一緒に里山を綺麗にしませんか」と話した。   
 
問合せ 竹もりの里事務所
TEL 0475・47・4348
http://takemori.org

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る