めだかと共存した米が誕生 その名も『めだか米』!?

めだかと共存した米が誕生
その名も『めだか米』!?

 今秋も、大網白里市にある池田地区では稲穂に豊かな実りができた。10月6日(日)、池田地区会館で『新米のおにぎり祭りフェア』と題して地域の交流がもたれた。「池田地区の米は南玉不動尊の滝で作られている。滝は西暦812年からあり、水が枯れたというのは一度も聞いたことがない」と話すのは、林千佳夫さん(65)。
 今年、自身の田んぼにめだかを放ち『めだか栽培』を行った。「5月にめだかを放つと、条件がよかったのか産卵を終えてみれば数千匹に増えていた。田んぼがめだかで埋まってしまうほど。めだかのおかげで水も動き、雑草も害虫も食べてくれた。めだかは1年で死んでしまうけれど、川に流した水の中に今年生まれた子ども達がいるので、また来年も自然に共生することになるだろう。近年は有機栽培などより自然に近い形を求める農家が多い」と林さん。
 めだかと育ったお米として、現在は『千葉県産こしひかり』という名前から『めだか米』と新たな名称へと考案中だ。めだか米栽培のきっかけを作った、大網白里市在住で歌手の聖川真央さんも「池田の自然を壊したくなかった。めだかがこんなにも生きるのは水が綺麗な証拠。お米は艶とコク、それに粘りがあってとっても美味しい。今まで食べたものと全然違う!」と満面の笑みを浮かべた。
 この日、米4升が釜戸で炊かれ数十個のおにぎりとなり提供された。テーブルの上には他にも秋茄子や柿、漬け物にさつまいもなどが豊富に並び、集まった30人以上の参加者が舌鼓を打った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る