めだかと共存した米が誕生 その名も『めだか米』!?

めだかと共存した米が誕生
その名も『めだか米』!?

 今秋も、大網白里市にある池田地区では稲穂に豊かな実りができた。10月6日(日)、池田地区会館で『新米のおにぎり祭りフェア』と題して地域の交流がもたれた。「池田地区の米は南玉不動尊の滝で作られている。滝は西暦812年からあり、水が枯れたというのは一度も聞いたことがない」と話すのは、林千佳夫さん(65)。
 今年、自身の田んぼにめだかを放ち『めだか栽培』を行った。「5月にめだかを放つと、条件がよかったのか産卵を終えてみれば数千匹に増えていた。田んぼがめだかで埋まってしまうほど。めだかのおかげで水も動き、雑草も害虫も食べてくれた。めだかは1年で死んでしまうけれど、川に流した水の中に今年生まれた子ども達がいるので、また来年も自然に共生することになるだろう。近年は有機栽培などより自然に近い形を求める農家が多い」と林さん。
 めだかと育ったお米として、現在は『千葉県産こしひかり』という名前から『めだか米』と新たな名称へと考案中だ。めだか米栽培のきっかけを作った、大網白里市在住で歌手の聖川真央さんも「池田の自然を壊したくなかった。めだかがこんなにも生きるのは水が綺麗な証拠。お米は艶とコク、それに粘りがあってとっても美味しい。今まで食べたものと全然違う!」と満面の笑みを浮かべた。
 この日、米4升が釜戸で炊かれ数十個のおにぎりとなり提供された。テーブルの上には他にも秋茄子や柿、漬け物にさつまいもなどが豊富に並び、集まった30人以上の参加者が舌鼓を打った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る