めだかと共存した米が誕生 その名も『めだか米』!?

めだかと共存した米が誕生
その名も『めだか米』!?

 今秋も、大網白里市にある池田地区では稲穂に豊かな実りができた。10月6日(日)、池田地区会館で『新米のおにぎり祭りフェア』と題して地域の交流がもたれた。「池田地区の米は南玉不動尊の滝で作られている。滝は西暦812年からあり、水が枯れたというのは一度も聞いたことがない」と話すのは、林千佳夫さん(65)。
 今年、自身の田んぼにめだかを放ち『めだか栽培』を行った。「5月にめだかを放つと、条件がよかったのか産卵を終えてみれば数千匹に増えていた。田んぼがめだかで埋まってしまうほど。めだかのおかげで水も動き、雑草も害虫も食べてくれた。めだかは1年で死んでしまうけれど、川に流した水の中に今年生まれた子ども達がいるので、また来年も自然に共生することになるだろう。近年は有機栽培などより自然に近い形を求める農家が多い」と林さん。
 めだかと育ったお米として、現在は『千葉県産こしひかり』という名前から『めだか米』と新たな名称へと考案中だ。めだか米栽培のきっかけを作った、大網白里市在住で歌手の聖川真央さんも「池田の自然を壊したくなかった。めだかがこんなにも生きるのは水が綺麗な証拠。お米は艶とコク、それに粘りがあってとっても美味しい。今まで食べたものと全然違う!」と満面の笑みを浮かべた。
 この日、米4升が釜戸で炊かれ数十個のおにぎりとなり提供された。テーブルの上には他にも秋茄子や柿、漬け物にさつまいもなどが豊富に並び、集まった30人以上の参加者が舌鼓を打った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る