『森のじかん』足湯でほっと一息

 山武市と市民活動団体、社会福祉協議会が連携し、東日本大震災で被災された市民及び県内に避難されている方たちの交流の場として企画された『森のじかん』も10月10日(木)で第4回をむかえた。被災者の要望を聞くため、宮城県庁、福島県庁、福島県浪江町復興支援員も来場し、会場には福島県の新聞なども用意された。今回は被災者、支援者、スタッフを合わせ30名ほどが参加した。
 ボランティアグループ『健康とふくしの会』が提供する健康スープランチ(有料)を食べながら交流会はなごやかにスタート。今回は会場であるさんぶの森交流センターあららぎ館の屋外に、山武市商工会青年部の協力でサンブスギで作った足湯セットを設置。館内ではボランティアグループによる足もみやハンドマッサージも体験でき、心と体に優しい時間が流れていた。
 福島県から避難してきた男性は、「時間だけが過ぎていく。自分から積極的に出て行かないと情報が得られない。人を集めてくれて顏が見られるだけでも落ち着きます」と、同郷の仲間と足湯を楽しみながら故郷福島を懐かしんでいた。山武市の担当は、「みなさんの交流や不安な気持ちの解消場になれば嬉しいです。今は市が主導で行っていますが、ゆくゆくはみなさんで作り上げる会になればと思っています」と話す。『森のじかん』は毎月第2木曜日に開催。 

問合せ 山武市役所秘書課渉外係
TEL 0475・80・1292

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る