『屋形獅子舞大会』盛大に開催

10年に1度のお祭り
『屋形獅子舞大会』盛大に開催

 九十九里町屋形地区(旧片貝村屋形)に伝わる300年の歴史を持つ『屋形獅子舞』。口伝では「正徳元年(1711)卯の年に夷大明神の遷宮祭を行い、五穀豊穣・浜大漁を祈願して獅子舞が奉納された」とされる。その後、数々の芸獅子の演目が導入、創作され、現在は町指定の無形文化財として保存に努めている。
 獅子舞は10年単位で後継者育成と継承を図り、発表大会が行われてきた。前回開催から12年目の今年、11月9・10日の両日、『屋形獅子舞大会』が屋形区民会館前の広場に特設の舞台が設置され開催された。「屋形地区には夏や秋の祭りがなく、住民にとって今日は10年に1度のお祭りなのです。だからこそ盛大に行うんですよ」と教えてくれたのは、獅子舞保存会の会長、古川善則さん。
 実は当初は10月に開催予定だったが、台風の接近で延期。当日も雨が気になる空模様と冷たい風が吹いていた。が、朝から次々と演じられる獅子舞に観客席もヒートアップ。「(獅子の)後ろ足が孫なんだよ」と話す年配の人がいるかと思えば、演じている人の名前が大きな声で呼ばれたり、舞台に向かってお捻りも飛び交い、まさに住民総出のお祭りに。
 この日のために、小学校2年生から30歳までの大人が、暑かった今年の夏前から熱心に練習を続けてきたという。親が子に、子が孫にという形で継承されてきたこの獅子舞。今回も親子や兄弟共演、家族総出で取り組んでいる家庭も少なくなかったとか。
 40分にも及ぶ『四つ足』や『梯子獅子』。見せ場のでんぐり返しや梯子登りでは大歓声と拍手が鳴りやまない。その合間には婦人会と子どもたちによる踊りも披露され、大会は日が落ちても続いていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る