55周年ボーイスカウト発団式

 昭和33年12月22日に発団し、茂原で活動を始めて55年となる『ボーイスカウト茂原第2団』の発団式と体験入団が、発団と同日の昨年12月22日に豊田福祉センターに於いて行われた。ボーイスカウトは年長から25歳までをビーバー、カブ、ボーイ、ベンチャー、ローバーの5つの年代に分け、年代に応じ「そなえよつねに」を合言葉に、主に野外活動を通じて健全な青少年少女の育成を行っている。
 現在、茂原第2団の団員は指導者を含め94名。長生郡市はもちろん、いすみ市や大多喜町からの参加もあるそう。この日は、就学前の年長児から小学2年生までのビーバースカウトの体験にかわいい子どもたちが集まった。団員を含めたグループに分かれると、センターの周りをポイントを探しながら歩き、竹を使ったけん玉作りが行われた。
 また敷地内には竹とロープだけで作る立ち釜戸や、見張り台、テントなどが設営され、お昼には保護者お手製のトン汁に舌鼓。キャンプさながらの体験に子どもたちも大はしゃぎ。釜戸作りをしていた団員の男の子は、「日常ではできないキャンプとかできて楽しいです」と話してくれた。「子どもが少なくリーダーの確保が大変」と話すのは団委員長で、発団からの団員でもある糸久克己さん。随時団員募集中とのこと。
 
問合せ 海藤さん
TEL 090・5322・5836

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  2.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  3.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  4. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  5.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  6. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  7. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…
  8.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  9. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  10. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…

ピックアップ記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る