アイディア浮かべば、きっとあなたも発明王

 毎月第4日曜日、茂原市にある総合市民センターで月例会を行うのは、『房総発明研究会』のメンバーである。活動歴は25年間、現在の所属者数は20名で、2月の例会参加者は8名だった。午後1時からの3時間に、メンバーは各自発明品の考案や製作発表を交代に行う。  
「最近の社会は小さなアイディアの積み重ねで、どんどん便利になっている。暮らしの中のチョットした工夫で社会の役に立てるかもしれない。研究会は、発表だけでなく製作段階やネーミングにおいてもお互いにアドバイスする。月例会の他に商品の売り込み方の相談を受けたり、特許出願書類の作り方も教えます」と話す会長の大塚誠一さんは、特許を取得した経験や商品化した作品もある。
 麺類を食べやすくした『先割れ穴付きスプーン』開発者の柳田清さんが、「身体的障がいを持った方などに使って欲しいが、商品にどうしたら興味を持って貰えるか」と問うと、メンバーからは、「まずは家族などに実際に使ってもらい実証する」、「商品化までには投資が必要」など的確な意見。「福祉施設でリハビリ用に使えるのじゃないか」と新しい目線でアドバイスした向後達朗さんは、自身も現在特許出願中だ。木を切りながら下車せずに人力で移動できる『高所作業車』の特許を出願中。これは需要が多いのではないだろうか。
 大塚さんは、メンバーの意見にしっかりと耳を傾けながら、「一人で発明するより色んな人と触れ合ったほうが、また新しい考えも浮かぶ。研究会員募集中です」と続けた。

問合せ 大塚さん 
TEL 080・5400・5921  

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る