アイディア浮かべば、きっとあなたも発明王

 毎月第4日曜日、茂原市にある総合市民センターで月例会を行うのは、『房総発明研究会』のメンバーである。活動歴は25年間、現在の所属者数は20名で、2月の例会参加者は8名だった。午後1時からの3時間に、メンバーは各自発明品の考案や製作発表を交代に行う。  
「最近の社会は小さなアイディアの積み重ねで、どんどん便利になっている。暮らしの中のチョットした工夫で社会の役に立てるかもしれない。研究会は、発表だけでなく製作段階やネーミングにおいてもお互いにアドバイスする。月例会の他に商品の売り込み方の相談を受けたり、特許出願書類の作り方も教えます」と話す会長の大塚誠一さんは、特許を取得した経験や商品化した作品もある。
 麺類を食べやすくした『先割れ穴付きスプーン』開発者の柳田清さんが、「身体的障がいを持った方などに使って欲しいが、商品にどうしたら興味を持って貰えるか」と問うと、メンバーからは、「まずは家族などに実際に使ってもらい実証する」、「商品化までには投資が必要」など的確な意見。「福祉施設でリハビリ用に使えるのじゃないか」と新しい目線でアドバイスした向後達朗さんは、自身も現在特許出願中だ。木を切りながら下車せずに人力で移動できる『高所作業車』の特許を出願中。これは需要が多いのではないだろうか。
 大塚さんは、メンバーの意見にしっかりと耳を傾けながら、「一人で発明するより色んな人と触れ合ったほうが、また新しい考えも浮かぶ。研究会員募集中です」と続けた。

問合せ 大塚さん 
TEL 080・5400・5921  

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る