アイディア浮かべば、きっとあなたも発明王

 毎月第4日曜日、茂原市にある総合市民センターで月例会を行うのは、『房総発明研究会』のメンバーである。活動歴は25年間、現在の所属者数は20名で、2月の例会参加者は8名だった。午後1時からの3時間に、メンバーは各自発明品の考案や製作発表を交代に行う。  
「最近の社会は小さなアイディアの積み重ねで、どんどん便利になっている。暮らしの中のチョットした工夫で社会の役に立てるかもしれない。研究会は、発表だけでなく製作段階やネーミングにおいてもお互いにアドバイスする。月例会の他に商品の売り込み方の相談を受けたり、特許出願書類の作り方も教えます」と話す会長の大塚誠一さんは、特許を取得した経験や商品化した作品もある。
 麺類を食べやすくした『先割れ穴付きスプーン』開発者の柳田清さんが、「身体的障がいを持った方などに使って欲しいが、商品にどうしたら興味を持って貰えるか」と問うと、メンバーからは、「まずは家族などに実際に使ってもらい実証する」、「商品化までには投資が必要」など的確な意見。「福祉施設でリハビリ用に使えるのじゃないか」と新しい目線でアドバイスした向後達朗さんは、自身も現在特許出願中だ。木を切りながら下車せずに人力で移動できる『高所作業車』の特許を出願中。これは需要が多いのではないだろうか。
 大塚さんは、メンバーの意見にしっかりと耳を傾けながら、「一人で発明するより色んな人と触れ合ったほうが、また新しい考えも浮かぶ。研究会員募集中です」と続けた。

問合せ 大塚さん 
TEL 080・5400・5921  

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る