さんぶ創作料理チャンピオン決定戦

昔からの味なめろう丼が1位に

 晴天に恵まれた5月24日(土)、東金文化会館にて県民の日山武地域行事『来たいよ☆いち!に!さんぶ地域フェスタ2014in東金』が開催された。ご当地アイドル&ダンスユニットの元気いっぱいのステージや地元産農林水産物の販売や無料配布が行われた中、各店舗の前に長い行列ができていたのが『さんぶ創作料理チャンピオン決定戦』だ。
 九十九里特産のイワシとハマグリのフライが乗った『サンライズつくもカレー』(サンライズ九十九里・九十九里町)。チバザポーク、キャベツ、ソラマメなど15品目を使った『ちばだいすきなかよしぜいたく丼』(大里チーム・大網白里市)。チャンピオンになったら商品化も検討という『いわしつみれラーメン』(まんぷく食堂仙多郎・芝山町)など13団体が、キャベツやキュウリ、タマネギなど10品目のさんぶ地域の農産物を使った創作料理で熱戦を繰り広げた。
 そんな中、来場者の投票でチャンピオンに輝いたのは、山武市の鮨どころ大和の『大和のアジなアジなめろう丼』。自慢の酢飯の上に味噌とネギを混ぜたアジのなめろうと新鮮キュウリが乗った丼ものだ。「店ではこれに青トウガラシも混ぜていますが、今回はお子様も食べられるよう抜いています。寿司屋のこだわりの酢飯を食べてください」とアピール。見事1位を獲得。
 2位には常連ともいえる道の駅オライはすぬまの『いわしの舟唄』が。イワシを使った3点セットで見た目も豪華。「いなりが舟。イワシのサラダ巻きは地引網を。そして春キャベツで包んだごはんは大漁をイメージしています。人生の喜怒哀楽を表現しました」との力作は来場者の胃袋もつかんだようだ。
 3位には初出店、横芝光町のfu~fu~cafe(ふーふーかふぇ)の『Sun Set Beach ピッツァ』が入った。「ハマグリを贅沢に使い、パン粉で砂浜、ニンジンで太陽をイメージしました」。ピザソースにはハマグリのだし汁を合わせた海藻ソースを使用。子どもから大人まで大人気だった。
 成東から来たという家族連れは、「どれもおいしかったです。なめろうは子どもも喜んで食べていたので、今度家でも作ってみます」と話していた。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る