さんぶ創作料理チャンピオン決定戦

昔からの味なめろう丼が1位に

 晴天に恵まれた5月24日(土)、東金文化会館にて県民の日山武地域行事『来たいよ☆いち!に!さんぶ地域フェスタ2014in東金』が開催された。ご当地アイドル&ダンスユニットの元気いっぱいのステージや地元産農林水産物の販売や無料配布が行われた中、各店舗の前に長い行列ができていたのが『さんぶ創作料理チャンピオン決定戦』だ。
 九十九里特産のイワシとハマグリのフライが乗った『サンライズつくもカレー』(サンライズ九十九里・九十九里町)。チバザポーク、キャベツ、ソラマメなど15品目を使った『ちばだいすきなかよしぜいたく丼』(大里チーム・大網白里市)。チャンピオンになったら商品化も検討という『いわしつみれラーメン』(まんぷく食堂仙多郎・芝山町)など13団体が、キャベツやキュウリ、タマネギなど10品目のさんぶ地域の農産物を使った創作料理で熱戦を繰り広げた。
 そんな中、来場者の投票でチャンピオンに輝いたのは、山武市の鮨どころ大和の『大和のアジなアジなめろう丼』。自慢の酢飯の上に味噌とネギを混ぜたアジのなめろうと新鮮キュウリが乗った丼ものだ。「店ではこれに青トウガラシも混ぜていますが、今回はお子様も食べられるよう抜いています。寿司屋のこだわりの酢飯を食べてください」とアピール。見事1位を獲得。
 2位には常連ともいえる道の駅オライはすぬまの『いわしの舟唄』が。イワシを使った3点セットで見た目も豪華。「いなりが舟。イワシのサラダ巻きは地引網を。そして春キャベツで包んだごはんは大漁をイメージしています。人生の喜怒哀楽を表現しました」との力作は来場者の胃袋もつかんだようだ。
 3位には初出店、横芝光町のfu~fu~cafe(ふーふーかふぇ)の『Sun Set Beach ピッツァ』が入った。「ハマグリを贅沢に使い、パン粉で砂浜、ニンジンで太陽をイメージしました」。ピザソースにはハマグリのだし汁を合わせた海藻ソースを使用。子どもから大人まで大人気だった。
 成東から来たという家族連れは、「どれもおいしかったです。なめろうは子どもも喜んで食べていたので、今度家でも作ってみます」と話していた。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る