さんぶ創作料理チャンピオン決定戦

昔からの味なめろう丼が1位に

 晴天に恵まれた5月24日(土)、東金文化会館にて県民の日山武地域行事『来たいよ☆いち!に!さんぶ地域フェスタ2014in東金』が開催された。ご当地アイドル&ダンスユニットの元気いっぱいのステージや地元産農林水産物の販売や無料配布が行われた中、各店舗の前に長い行列ができていたのが『さんぶ創作料理チャンピオン決定戦』だ。
 九十九里特産のイワシとハマグリのフライが乗った『サンライズつくもカレー』(サンライズ九十九里・九十九里町)。チバザポーク、キャベツ、ソラマメなど15品目を使った『ちばだいすきなかよしぜいたく丼』(大里チーム・大網白里市)。チャンピオンになったら商品化も検討という『いわしつみれラーメン』(まんぷく食堂仙多郎・芝山町)など13団体が、キャベツやキュウリ、タマネギなど10品目のさんぶ地域の農産物を使った創作料理で熱戦を繰り広げた。
 そんな中、来場者の投票でチャンピオンに輝いたのは、山武市の鮨どころ大和の『大和のアジなアジなめろう丼』。自慢の酢飯の上に味噌とネギを混ぜたアジのなめろうと新鮮キュウリが乗った丼ものだ。「店ではこれに青トウガラシも混ぜていますが、今回はお子様も食べられるよう抜いています。寿司屋のこだわりの酢飯を食べてください」とアピール。見事1位を獲得。
 2位には常連ともいえる道の駅オライはすぬまの『いわしの舟唄』が。イワシを使った3点セットで見た目も豪華。「いなりが舟。イワシのサラダ巻きは地引網を。そして春キャベツで包んだごはんは大漁をイメージしています。人生の喜怒哀楽を表現しました」との力作は来場者の胃袋もつかんだようだ。
 3位には初出店、横芝光町のfu~fu~cafe(ふーふーかふぇ)の『Sun Set Beach ピッツァ』が入った。「ハマグリを贅沢に使い、パン粉で砂浜、ニンジンで太陽をイメージしました」。ピザソースにはハマグリのだし汁を合わせた海藻ソースを使用。子どもから大人まで大人気だった。
 成東から来たという家族連れは、「どれもおいしかったです。なめろうは子どもも喜んで食べていたので、今度家でも作ってみます」と話していた。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る