七夕の街でウォークラリー

 茂原市立西小学校をメイン会場に東日本大震災復興チャリティを兼ねた第11回千葉県ウオークラリー大会が6月1日に開催された。主催は25周年を迎えた茂原レクリエーション協会(会長山口律さん)。千葉国体が開催された4年前には千人以上の参加があったという。速さを競うわけではないので開催地の風景、歴史や文化をゆっくり楽しみ自分のペースで歩ける野外ゲームだ。
 茂原市の最高気温31度を記録した当日、ベビーカーを押す家族から最高齢89歳まで115組417人が参加した。4コースのなかには車椅子で回れるルートもある。マスコットキャラクターモバりんの応援するなか、午前9時半から3分置きに各グループが出発した。実行委員長江澤博文さんお薦めの茂原公園を通るゆったり公園めぐりコース(2キロ)は5年生の女の子2人と母親が先陣を切ってスタート。コース図を手に校門を出て北側に向かい鷲山寺に到着した。初参加とのことでチェックポイント探しにとまどうが、仁王門で解答を見つけた。コース図に導かれ藻原寺に着くと、課題の石碑をお寺裏手に発見。答えが『西町水道源泉の址』とわかり、ほっとして水分補給した。再び歩くと桜の名所百選の茂原公園に出た。弁天橋をわたり、汗を拭きながら公園を一巡り。大黒様のある妙弘寺で最後の解答を確認して小学校へ。しかし、ゴール前には観察ポイントのクイズが待っていた。スタッフにヒントをもらいながら先ほど行った鷲山寺について『元禄津波供養塔』、『日蓮上人』など答えを記入してようやく完歩となった。
 一方、7月25日から27日に行われる七夕祭りのメインロード旧商店街の榎通りや昌平町通りを歩くのは七夕の町並みコース(5キロ)。茂原駅から出発、チェックポイントは鯛提灯で有名な茂原八坂神社や天然ガス貯蔵場跡が残る昌平町稲荷神社など。観察ポイントの八幡神社をひと回りし、天の川の愛称のある豊田川の遊歩道を歩いた。祭り当日に約2千本の竹筒に明かりが灯される場所である。白子町からきた小学生たちは「あと10キロ大丈夫」と元気よく進み、スタッフとジャンケンをすると加点される地点を通過、県立茂原高校裏を回りゴールした。3.5キロの田園や里山を歩く2コースは鳥の声や姿を確認するクイズも出され、自然観察力も必要とのこと。
 校庭で表彰式を待つ間にネイチャーゲーム、昔遊び、茂原市文化国際交流振興会による野点も行われ、スタンプラリーで賞品が得られる。表彰式では『悠久絆連』がよさこいソーランを披露。茂原市長らの挨拶などで終了した。
 
問合せ 茂原レクリエーション協会(江澤さん)
TEL 0475・24・8482 (夜間)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る