夜空の星を探すお手伝い

 夜空を見上げた時、あなたなら星座をいくつ見つけることができるだろうか?『白子天文サークル』は、白子町役場教育委員会生涯学習課が主催する天文教室の生徒たちが星座を探す手伝いを行っている。
 生徒は毎年4月に役場が募集する。今年度は小4から大人までの11名。教室は毎月第3土曜の夜に同役場の青少年センターで開かれ、天体についての授業を受けたあと雲のない日は外に出て肉眼で、または望遠鏡を使って星座を探す。「平面図で見た星座を実際に空で見てみるとまた面白いですよ。地球が丸いことも実感できます」と同サークルの女性。望遠鏡のセッティング、子ども達への手ほどきと見守りが主な活動だ。
 15年前に結成したサークルの会員16名のほとんどが、過去に子どもと一緒に天文教室に通い、その面白さに夢中になった保護者達。「土星の輪が見えたときは感激でした」と会長の猿田勇さんは振り返る。講師を務めるのはサークルの顧問、益子進一さん。茂原市内の中学校で理科の教諭をしている。授業では星座早見盤やプリントを見ながら、その時期に見える星座をなぞり、スライドを交えて星・星座の名前を覚えていく。6月は一等星のベガ、デネブ、アルタイルを結ぶとできる夏の大三角について勉強した。ベガは七夕のおりひめ星、アルタイルはひこ星としても知られている。ベガが属する、こと座にまつわる悲恋のギリシア神話についても学んだ。8月13日頃に大きな活動を見せるペルセウス座流星と土星を見ることが目標。
 中学生の頃に生徒として参加、現在は母親となり、小学生の子どもを連れて教室に復帰した女性は「役場の屋上からみんなで星空を眺めるのが楽しかった。続けていると星座の形が見えてくるようになります」と話した。
教室支援の他、白子町役場の青少年センターで11月に行われる文化祭と3月の生涯学習フェスティバルで流星群や彗星の情報、写真と望遠鏡の展示を行う。また、教室の生徒と共に参加する1泊のバスツアーを企画することも。
 猿田さんは「長く関わったことで天文に関する知識が増え、星空解説をする『星空コンシェルジュ』を目指しています。空に広がる無数の天体は壮大なゆえにいつも新しい何かを学ぶことができ、いい刺激になります。街灯が増え、星が見えづらくなってきている地域が多い中で、まだまだ多くの星が見える『白子の星空』を広く知ってもらいたい」と話した。

問合せ 猿田さん 
TEL 080・5042・7956
i-saruta.dingo@ezweb.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る