~「ごめんね」「いいよ」が言える子に~

 小さい子どもたちは、とっても素直ですね。ケンカをしても、「ごめんね」って謝れて、「いいよ」って許してくれる。そして、何もなかったかのようにまた遊び始めます。
 それが小学校高学年くらいになると「ごめんね」のかわりに、「○○してくれないから、こうなった」「自分は悪くない」と、言い訳が増えてくるようです。言い訳をしている子どもを見ていると、正当化して自分を守っているようにも見えます。きっと、幼児期には受容されていたことが、小学生になって、否定やダメ出しが増えたのかもしれませんね。「なんでこんなこともできないの?」と親に言われると、できなかった理由を考えるようになります。それが『言い訳』になっていくのでしょう。
 厳しくすることも必要ですが、その根底に「受容」がなければ、子どもは厳しい言葉を聞き入れることはできません。自分を否定されたと思った時点で、子どもは親から心が離れていくものです。日常的に否定され続けていると、それを外で発散するか、内にこもるようになってしまいます。外で発散する子は、非行や暴力、いじめに発展する場合もあります。内にこもる子は、心を閉ざし、引きこもりや不登校、深刻な場合は自傷行為や自殺になることもあります。
 大きくなっても、素直に「ごめんね」「いいよ」が言える子は、受容されている安心感があるから謝れるし、許すことが出来るのだと思います。受容と厳しさは二つで一つ。これが親子の信頼関係の基盤です。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  2. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  3. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  4.  市原市在住の鈴木國夫さんは昨年、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟による最高の功労賞『きじ章』を受章した。同章は過去の国内贈呈対象者に皇族…
  5. 2015年に初開催された『ミセスアジアシュプリーム』は、アジア各国の輝く女性がマレーシアに集うビューティページェント。年齢を重ねたことで得ら…
  6. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  7.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  8.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  9.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る