~「ごめんね」「いいよ」が言える子に~

 小さい子どもたちは、とっても素直ですね。ケンカをしても、「ごめんね」って謝れて、「いいよ」って許してくれる。そして、何もなかったかのようにまた遊び始めます。
 それが小学校高学年くらいになると「ごめんね」のかわりに、「○○してくれないから、こうなった」「自分は悪くない」と、言い訳が増えてくるようです。言い訳をしている子どもを見ていると、正当化して自分を守っているようにも見えます。きっと、幼児期には受容されていたことが、小学生になって、否定やダメ出しが増えたのかもしれませんね。「なんでこんなこともできないの?」と親に言われると、できなかった理由を考えるようになります。それが『言い訳』になっていくのでしょう。
 厳しくすることも必要ですが、その根底に「受容」がなければ、子どもは厳しい言葉を聞き入れることはできません。自分を否定されたと思った時点で、子どもは親から心が離れていくものです。日常的に否定され続けていると、それを外で発散するか、内にこもるようになってしまいます。外で発散する子は、非行や暴力、いじめに発展する場合もあります。内にこもる子は、心を閉ざし、引きこもりや不登校、深刻な場合は自傷行為や自殺になることもあります。
 大きくなっても、素直に「ごめんね」「いいよ」が言える子は、受容されている安心感があるから謝れるし、許すことが出来るのだと思います。受容と厳しさは二つで一つ。これが親子の信頼関係の基盤です。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る