お灸と祈祷で夏バテ封じ

 7月29日に茂原市の藻原寺(日蓮宗)で年に一度の『焙烙灸祈祷会』が行われた。焙烙と呼ばれる平たい素焼きの土鍋にもぐさを乗せ、火をつける。それを頭のツボの上に乗せることで、頭頂部に与えた温熱刺激が尾てい骨にまで伝わり、食欲増進、ひいては夏バテ防止、年中無病に効くといわれている。最も暑い7月の土用の丑の日に日本全国各地の寺で行われることが多い。祈祷会では灸にお経の力を加えることで更なる効果が期待できるという。
 1回の祈祷は約10名ずつで20分ほど。上人をはじめ6、7名の僧侶が声を揃えて唱えるお経は迫力満点だ。お経と和太鼓の音に合わせ、祈祷の中心となる導師が火打石を、3、4名の白い袈裟をまとった修法師が木剣と数珠を合わせ持ち、悪い流れを断ち切るべく気迫のこもったお経と木剣で九字を切る。九字切りは、呪力があるとされる九つの字で邪気を払う護身法。後半は参列者も加わり「南無妙法蓮華経」を唱えた。祈祷後は檀家が用意した赤飯と梅ジュースがふるまわれた。
 友人と共に訪れていた88歳の女性は「5、6年前から続けて来ています。気持ちがいいし、冬でも風邪をひかなくなった」と話した。
 身体の芯をジワリと温める昔からの健康法、来夏にでもお試しあれ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る