お灸と祈祷で夏バテ封じ

 7月29日に茂原市の藻原寺(日蓮宗)で年に一度の『焙烙灸祈祷会』が行われた。焙烙と呼ばれる平たい素焼きの土鍋にもぐさを乗せ、火をつける。それを頭のツボの上に乗せることで、頭頂部に与えた温熱刺激が尾てい骨にまで伝わり、食欲増進、ひいては夏バテ防止、年中無病に効くといわれている。最も暑い7月の土用の丑の日に日本全国各地の寺で行われることが多い。祈祷会では灸にお経の力を加えることで更なる効果が期待できるという。
 1回の祈祷は約10名ずつで20分ほど。上人をはじめ6、7名の僧侶が声を揃えて唱えるお経は迫力満点だ。お経と和太鼓の音に合わせ、祈祷の中心となる導師が火打石を、3、4名の白い袈裟をまとった修法師が木剣と数珠を合わせ持ち、悪い流れを断ち切るべく気迫のこもったお経と木剣で九字を切る。九字切りは、呪力があるとされる九つの字で邪気を払う護身法。後半は参列者も加わり「南無妙法蓮華経」を唱えた。祈祷後は檀家が用意した赤飯と梅ジュースがふるまわれた。
 友人と共に訪れていた88歳の女性は「5、6年前から続けて来ています。気持ちがいいし、冬でも風邪をひかなくなった」と話した。
 身体の芯をジワリと温める昔からの健康法、来夏にでもお試しあれ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る