身近な動植物をモチーフに作陶

 自然豊かな睦沢町で暮らす小原由紀子さん(70)は、自宅敷地内に窯を構え、陶芸に打ち込んでいる。
 子どもの頃から絵を描くのが好きだった小原さん。「美術の先生に絵を習いに行っていた」と話す。両親も絵を描くことが好きで理解はあったという。その後、武蔵野美術大学に進み油絵を専攻。「母が茶道をやっていたので茶碗に詳しく、私も焼き物に関心はあったけれど、当時は絵に集中していたから、陶芸もやろうとは思わなかった」
 卒業後は絵の教室を開いたが、「絵だけで生活していくのは難しい」、ならば日用品としても求められる焼き物をやろうと、東京から睦沢に移り住む数年前、近くに住む陶芸家に基礎を習いに行った。そして、30年ほど前、母方の祖父が亡くなり祖母の世話をするため、睦沢に両親と一緒に引っ越してくると、「都会では火を扱う焼き物は存分にできなかったけれど、ここでなら自分の思うようにできる」と喜んだ。灯油窯『由楽窯』を築き、作陶に励むと同時に、焼き物や絵の教室を開くなど制作活動を重ねてきた。
 30代半ばに「体力が落ちてきたので何とかしよう」と始めた山登り。「自然の中に入っていく感覚が魅力だった」。所属していた山の会でヒマラヤに行くことになり、その参加費用に充てるために絵の個展を開いたこともあった。現在は山と遠ざかってしまったが、作陶のモチーフを、身近な自然の中に見出す日々を送る。敷地内で自由に放し飼いにしている猫や鶏、毎年訪れるアオバズク。庭先を走り抜けてゆく烏骨鶏やチャボ。皆、作品のモチーフに使われている。
 小原さんの周囲にはゆったりした時間が流れているようだ。「お茶を沸かすわね」と、屋外に置かれたストーブに薪をくべる。工房の薪ストーブは煮炊きにも使う。風呂も薪で沸かす。畑で野菜も作る。「今後は季節の野の花のシリーズ、花暦を造りたい。他、自然の風景に鳥等を入れた食器づくりもしたい」とのこと。また、近い将来、工房内に常設展示のスペースも設けたいと準備を進めている。

問合せ 小原さん
TEL 0475・44・1822

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る