新結成で新たなスタート!実力派オヤジバンドが外房を駆ける

 外房地域を拠点に活動するバンド『おかず+ノンカロリー』が、9月6日茂原市のショッピングプラザアスモ内アスモ劇場で行われた『アコースティックナイトスペシャル』に登場、大歓声に包まれた。「おかず+ノンカロリーはメンバー5人で活動しています。変わった名前の由来は、元々別に組んでいたバンドがくっついたから。私と藍野さんの下の名前が同じ『かずお』。それをもじって『おかず』。他メンバーが『おかず』に加わっても音が邪魔しないという意味でノンカロリーとした」とギター&ボーカルを担当する山田和雄さん。他メンバーに、レキントギター&ボーカルの藍野和郎さん、ギター&ボーカルの小田公美さん、12弦ギター&ボーカルの布施正之さん、ベースの木下明彦さんの4人。ユニークなのはバンド名だけでなくライブのトークも同様だ。コーラスを重視し、綺麗なメロディラインを歌うスタイルを貫いている同バンド。歌唱力には定評があり、実力もバツグン!というのも、山田さんと藍野さんが以前組んでいたバンドはNHK放送のテレビ番組、オヤジバンドの殿堂である『熱血!オヤジバトル』に出演し、全国で3位になった経験があるのだ。ギターのアンサンブルと、歌声のハーモニーが劇場で混ざり合い、心地良い。「曲によって違うが、5人いるので仕上げるのに時間がかかることもある。みんなそれぞれ事情もあるので、練習に全員がそろうこともなかなか大変。その分、完成した時は嬉しいんだけどね」と山田さんは笑顔で話す。ライブ前、「緊張するよ」と話していたメンバーも、一度ステージに上がればリラックスした表情に。観客から手拍子が出るなか、さだまさしの『案山子』や活動地域である一宮町の秋を歌ったオリジナル曲などを歌いあげた。
 『おかず+ノンカロリー』は結成してまだ日が浅く、今の目標はオリジナル曲を増やすこと。「現在15曲ほどオリジナル曲を持っているが、半年くらいの間に倍近くにしたい」そうだ。また、「以前は障がいを持った方の施設を訪問したことがある。ヒアリングができればリズムに合わせて机を叩いてくれたりも。シニア世代は時間があるので、メッセージ性をもって、まだまだ現役でがんばりたい」と山田さんは強く話す。月3回、夜7時から4時間近く練習をしていて、アンサンブルにより力を入れていく予定だ。そして、「今後はコンサートを中心に活動しながら、また機会があればNHKコンテストにも出れたらいいな」と続けて笑顔を浮かべた。次回ライブは10月4日、長生村文化会館で行われる長生村バンドフェスティバルに出演予定。料金は無料。開場15時、開演15時半。

問合せ アスモ 木下さん
TEL 0475・25・5511

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る