人と大地を笑顔でつなぐ樟陽祭

 平成18年度に茂原農業高校と茂原工業高校が統合して生まれた県立茂原樟陽高等学校。昨年11月、『樟陽の伝統をつなぎ 笑顔の輪を広げよう』と題した文化祭『樟陽祭』が開かれた。
 開門のカウントダウンとともになだれこんだのは早朝から幾重にも人垣を作った来校者。目指した先は農業系学科の生徒が丹精込めて作った農産物や加工品である。果物は5分ほどで完売、カートや一輪車を持ち込んで採れたてのハクサイやキャベツ、鉢物の花などを大量に買い込む人もいた。低糖度のジャム売り場の前にも長蛇の列。朝4時から焼いたというパンの整理券はすぐになくなった。
 かたや工業系学科では生徒が作った放射能測定機、パソコンゲームなどを展示。作業着の生徒が真剣な表情で旋盤を扱って見せる実演もあった。ロボット相撲や二足歩行ロボットが披露されると、制服姿の中学生や子どもたちが取り囲んで見学。居合わせた校長の齊藤郁夫さんは「いずれ、各学科の力を合わせ農業用ロボット開発にも挑戦したい」と期待を口にする。機械分析室では親子連れや女性グループが生徒の手を借りながら、トンボ玉作りを楽しんでいた。
 部活動は学校のシンボルツリーであるクスノキのから樟脳を取り出す実験報告、ステンドグラスショー、書道、劇や音楽の発表と多彩。生徒会会長の薦田(こもだ)凌さんにお薦めの催しを聞くと「どれも楽しい。あえて言えば県大会で4年連続優勝した射撃部の体験コーナー」とのことだった。この日来校者は4000人を超えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る