人と大地を笑顔でつなぐ樟陽祭

 平成18年度に茂原農業高校と茂原工業高校が統合して生まれた県立茂原樟陽高等学校。昨年11月、『樟陽の伝統をつなぎ 笑顔の輪を広げよう』と題した文化祭『樟陽祭』が開かれた。
 開門のカウントダウンとともになだれこんだのは早朝から幾重にも人垣を作った来校者。目指した先は農業系学科の生徒が丹精込めて作った農産物や加工品である。果物は5分ほどで完売、カートや一輪車を持ち込んで採れたてのハクサイやキャベツ、鉢物の花などを大量に買い込む人もいた。低糖度のジャム売り場の前にも長蛇の列。朝4時から焼いたというパンの整理券はすぐになくなった。
 かたや工業系学科では生徒が作った放射能測定機、パソコンゲームなどを展示。作業着の生徒が真剣な表情で旋盤を扱って見せる実演もあった。ロボット相撲や二足歩行ロボットが披露されると、制服姿の中学生や子どもたちが取り囲んで見学。居合わせた校長の齊藤郁夫さんは「いずれ、各学科の力を合わせ農業用ロボット開発にも挑戦したい」と期待を口にする。機械分析室では親子連れや女性グループが生徒の手を借りながら、トンボ玉作りを楽しんでいた。
 部活動は学校のシンボルツリーであるクスノキのから樟脳を取り出す実験報告、ステンドグラスショー、書道、劇や音楽の発表と多彩。生徒会会長の薦田(こもだ)凌さんにお薦めの催しを聞くと「どれも楽しい。あえて言えば県大会で4年連続優勝した射撃部の体験コーナー」とのことだった。この日来校者は4000人を超えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る