人と大地を笑顔でつなぐ樟陽祭

 平成18年度に茂原農業高校と茂原工業高校が統合して生まれた県立茂原樟陽高等学校。昨年11月、『樟陽の伝統をつなぎ 笑顔の輪を広げよう』と題した文化祭『樟陽祭』が開かれた。
 開門のカウントダウンとともになだれこんだのは早朝から幾重にも人垣を作った来校者。目指した先は農業系学科の生徒が丹精込めて作った農産物や加工品である。果物は5分ほどで完売、カートや一輪車を持ち込んで採れたてのハクサイやキャベツ、鉢物の花などを大量に買い込む人もいた。低糖度のジャム売り場の前にも長蛇の列。朝4時から焼いたというパンの整理券はすぐになくなった。
 かたや工業系学科では生徒が作った放射能測定機、パソコンゲームなどを展示。作業着の生徒が真剣な表情で旋盤を扱って見せる実演もあった。ロボット相撲や二足歩行ロボットが披露されると、制服姿の中学生や子どもたちが取り囲んで見学。居合わせた校長の齊藤郁夫さんは「いずれ、各学科の力を合わせ農業用ロボット開発にも挑戦したい」と期待を口にする。機械分析室では親子連れや女性グループが生徒の手を借りながら、トンボ玉作りを楽しんでいた。
 部活動は学校のシンボルツリーであるクスノキのから樟脳を取り出す実験報告、ステンドグラスショー、書道、劇や音楽の発表と多彩。生徒会会長の薦田(こもだ)凌さんにお薦めの催しを聞くと「どれも楽しい。あえて言えば県大会で4年連続優勝した射撃部の体験コーナー」とのことだった。この日来校者は4000人を超えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る