藁を編んで納豆を手作り!お味はいかが?

 1月10日(土)、いすみ市にある千葉県いすみ環境と文化のさとセンター主催で『わらづと納豆を作ろう』が行われた。『わらづと』とは藁を束ねて中に物を包むことで、参加者は納豆の魅力に引き寄せられた老若男女20名。講師はいすみ市岬町在住、R工房で自然農を営む佐野洋夫さん。
「藁は畳の匂いがするのが新鮮です。できれば手で刈ったものを、家の中で干すといいでしょう。豆についても買ったもので作るのではなく、近くの農家で収穫したものを料理するとより安心で安全ですね」と佐野さん。講座内で、主に参加者が奮闘したのは藁の束ね方。16本の藁を使い、専用の定規で長さを測りながら編み込んでいく。タラ編みやミシン編みなど慣れない作業をこなしながらも、「これだと隙間があるから豆が落ちちゃうかな」、「ピーナッツの豆でやれば大丈夫だよ」など冗談を交えた会話が進む。「霧吹きで手を濡らし柔らかくしながらやらないと、藁が切れてしまうので気をつけてくださいね!膝の上でやると安定して作りやすいですよ」など常時、佐野さんのチェックする声が飛ぶ。
 次第に手付きがスムーズになったところで、それぞれ本番の藁での作成に入る。完成した『わらづと』は煮沸消毒を済ませたあと、納豆菌を含んだ藁2束と十分に蒸かした小黒大豆を入れて出来上がり。豆がこぼれないようにしっかりと縛り、温度を保つためのホッカイロを添えて新聞紙で包めば、あとは発酵するのを待つだけ。「食べるのが楽しみです!」と満足した声を上げながら、参加者は佐野さんへの質問を続けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る