藁を編んで納豆を手作り!お味はいかが?

 1月10日(土)、いすみ市にある千葉県いすみ環境と文化のさとセンター主催で『わらづと納豆を作ろう』が行われた。『わらづと』とは藁を束ねて中に物を包むことで、参加者は納豆の魅力に引き寄せられた老若男女20名。講師はいすみ市岬町在住、R工房で自然農を営む佐野洋夫さん。
「藁は畳の匂いがするのが新鮮です。できれば手で刈ったものを、家の中で干すといいでしょう。豆についても買ったもので作るのではなく、近くの農家で収穫したものを料理するとより安心で安全ですね」と佐野さん。講座内で、主に参加者が奮闘したのは藁の束ね方。16本の藁を使い、専用の定規で長さを測りながら編み込んでいく。タラ編みやミシン編みなど慣れない作業をこなしながらも、「これだと隙間があるから豆が落ちちゃうかな」、「ピーナッツの豆でやれば大丈夫だよ」など冗談を交えた会話が進む。「霧吹きで手を濡らし柔らかくしながらやらないと、藁が切れてしまうので気をつけてくださいね!膝の上でやると安定して作りやすいですよ」など常時、佐野さんのチェックする声が飛ぶ。
 次第に手付きがスムーズになったところで、それぞれ本番の藁での作成に入る。完成した『わらづと』は煮沸消毒を済ませたあと、納豆菌を含んだ藁2束と十分に蒸かした小黒大豆を入れて出来上がり。豆がこぼれないようにしっかりと縛り、温度を保つためのホッカイロを添えて新聞紙で包めば、あとは発酵するのを待つだけ。「食べるのが楽しみです!」と満足した声を上げながら、参加者は佐野さんへの質問を続けていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る