歴史ガイド付きウオーキングin長柄

 3月14日に長柄町都市農村交流センター主催の『長柄ダム エンジョイウオーク』が行われ、6名の参加者は長柄ダムの周辺を時速約5キロの速さで2時間歩き、ほどよい汗を流した。
 講師は『日本ウオーキング協会』公認指導員の安嶋健さん。同イベントは、1・2・7・8月を除く毎月第2土曜に「健康づくりと仲間づくり」をテーマに毎回コースを変えて開催される。神社検定3級保持者の同センター職員、大塚浩市さんが地方史について説く歴史ガイドも好評だ。今回のコースは、ヤマトタケルノミコトをご神体とする武峯神社へと向かう『権現森コース』。
 アキレス腱を伸ばすなど念入りなストレッチをしてからスタート。同センターを出て右折、両脇に杉林や民家が並ぶ車道を通り、突き当たりを長柄浄水場方面へ。しばらく歩いて道の駅『ながら』を左折し、バス停『六地蔵局前』の前の道を渡って『関東ふれあいの道』へ入る。民家の庭などに咲く梅に春を感じながら、のどかな田舎道と山道を『武峯神社』の道標に従って歩いていく。途中、思いがけずフキノトウを発見し、夢中で採集する場面も。急な上り坂では、安嶋さんが「2回吸って2回吐く腹式呼吸を意識して」とアドバイス。
 137段の石段を上がったら、ようやく武峯神社が姿を現した。ヤマトタケルノミコトが東北征伐の折に兵を休めたとの説がある。一行が東京湾を渡る際、荒波を鎮めるため入水した妃、オトタチバナヒメを偲んで寝付けず『不寝眺坂』と名付けた坂が同町にある『鼠坂』の由来だとか。道中にあった社に蔵されている神輿は、台座に丸い取っ手のような金具「たたき環」のついた古く珍しいものだそう。「叩くとガチと音がする。ご神体と担ぎ手がコミュニケーションをとるための手段だったのでは」と大塚さん。
 復路は長柄ダム湖周囲の遊歩道を通り、帰途に着いた。「正しい姿勢で速く歩くと心臓の筋肉や心肺機能が鍛えられ、血流がよくなります。肩こりや腰痛が改善され、美肌効果も期待できますよ」と安嶋さん。速く長く歩くには靴も重要だ。後ろに人差し指1本分入るほどの余裕があると最適。そして踏み出した時の、甲を折り曲げた状態で靴紐を結ぶと締め付けすぎなくてよい。参加者からは「指導員がついているので、健康にちょうどよいペースで歩けるのがいい」との声が聞かれた。
 次回の同イベントは桜を堪能する4月11日(土)の『2・3号谷コース』と5月9日(土)(コース未定)。のんびりウオーキング、とはいかないが楽しくおしゃべりする余裕はある。少人数でアットホームな雰囲気が魅力でもある同イベント、一度挑戦してみては。

問合せ 長柄町都市農村交流センター
TEL 0475・35・0055

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る