歴史ガイド付きウオーキングin長柄

 3月14日に長柄町都市農村交流センター主催の『長柄ダム エンジョイウオーク』が行われ、6名の参加者は長柄ダムの周辺を時速約5キロの速さで2時間歩き、ほどよい汗を流した。
 講師は『日本ウオーキング協会』公認指導員の安嶋健さん。同イベントは、1・2・7・8月を除く毎月第2土曜に「健康づくりと仲間づくり」をテーマに毎回コースを変えて開催される。神社検定3級保持者の同センター職員、大塚浩市さんが地方史について説く歴史ガイドも好評だ。今回のコースは、ヤマトタケルノミコトをご神体とする武峯神社へと向かう『権現森コース』。
 アキレス腱を伸ばすなど念入りなストレッチをしてからスタート。同センターを出て右折、両脇に杉林や民家が並ぶ車道を通り、突き当たりを長柄浄水場方面へ。しばらく歩いて道の駅『ながら』を左折し、バス停『六地蔵局前』の前の道を渡って『関東ふれあいの道』へ入る。民家の庭などに咲く梅に春を感じながら、のどかな田舎道と山道を『武峯神社』の道標に従って歩いていく。途中、思いがけずフキノトウを発見し、夢中で採集する場面も。急な上り坂では、安嶋さんが「2回吸って2回吐く腹式呼吸を意識して」とアドバイス。
 137段の石段を上がったら、ようやく武峯神社が姿を現した。ヤマトタケルノミコトが東北征伐の折に兵を休めたとの説がある。一行が東京湾を渡る際、荒波を鎮めるため入水した妃、オトタチバナヒメを偲んで寝付けず『不寝眺坂』と名付けた坂が同町にある『鼠坂』の由来だとか。道中にあった社に蔵されている神輿は、台座に丸い取っ手のような金具「たたき環」のついた古く珍しいものだそう。「叩くとガチと音がする。ご神体と担ぎ手がコミュニケーションをとるための手段だったのでは」と大塚さん。
 復路は長柄ダム湖周囲の遊歩道を通り、帰途に着いた。「正しい姿勢で速く歩くと心臓の筋肉や心肺機能が鍛えられ、血流がよくなります。肩こりや腰痛が改善され、美肌効果も期待できますよ」と安嶋さん。速く長く歩くには靴も重要だ。後ろに人差し指1本分入るほどの余裕があると最適。そして踏み出した時の、甲を折り曲げた状態で靴紐を結ぶと締め付けすぎなくてよい。参加者からは「指導員がついているので、健康にちょうどよいペースで歩けるのがいい」との声が聞かれた。
 次回の同イベントは桜を堪能する4月11日(土)の『2・3号谷コース』と5月9日(土)(コース未定)。のんびりウオーキング、とはいかないが楽しくおしゃべりする余裕はある。少人数でアットホームな雰囲気が魅力でもある同イベント、一度挑戦してみては。

問合せ 長柄町都市農村交流センター
TEL 0475・35・0055

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】第1展示室  人々の暮らしを様々な面で支えている人工衛星。ロケットで打ち上げられた人工衛星は地球の周回軌道に投入さ…
  2. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  3.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  4. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  5.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  6. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  7.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  8.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】第1展示室  人々の暮らしを様々な面で支えている人工衛星。ロケットで打ち上げられた人工衛星は地球の周回軌道に投入さ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る