世代を越えて皆が「ほっこり」くつろげる場所に

 この3月、長柄町にオープンした『てらこや』。主宰は、3人の育児をしなから、地域で子育てのグループ活動をしてきた大野美紀さん(38)。もともと子どもが大好きで、大学では教員免許を取り、空手の指導員の資格も持っていた。演劇に惹かれ、大学卒業後はそちらの世界にチャレンジしたが、その合間に仕事として空手の講師をし、改めて「教える仕事が好き」と気づいたという。
「結婚後、主人の実家がある長柄町に来て、穏やかな人と自然が凄く好きになった。でも子どもたちが集まって元気に遊んでいる、私が子どもの時には普通にあった風景がなくて。これはまずいかも、と危機感を持ったのが始まり。子どもは多くの人と関わり、様々な体験を積み重ねることで、自分で生きていく力が育つはず。ママたちも孤独化する子育てでは、追い詰められてしまう」。地域のママたちに声をかけ、数人で始まった子育てグループは、年の違う子どもたちが一緒に遊び、ママたちのつながりを作る場になった。どんどんメンバーが増えていくことで「改めてこうした場が大切だと感じました」。
 新たに作った『てらこや』は、これまでの活動を広げるため、子ども教室、空手教室、高齢者教室とカフェを併設する。
「地域の人たちが心も体も元気になれる場所が理想。子どももママも、おじいちゃんもおばあちゃんも、みんながほっこりできる所で、地域活性化の一助になるようにしたい」。どの教室もプログラム以外はフロアを開放し、自由に活用できる。お喋りを楽しむのも、子どもたちが走り回るのもOK。「学校が終わった後の子どもたちの受入れや、食堂も考えています。手づくり感覚で、少しずつ整えていければ」。静かな田園地域に賑やかな場所ができそうだ。

TEL 070・5070・8576

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る