田舎暮らしを楽しみながら、日本刺繍にいそしむ

 早春の日差しが降り注ぐ工房で、刺繍台に向かう大木嘉子さん(70)。日本刺繍を始めて30年、9年前に習志野市から家族と共に大網白里市へ移り住んだ。工房は敷地内の母屋の隣にある納屋を改造した古民家。小上がり部分を茶室にし、本棚には、ずらりと文様の図案集や図鑑、事典などが並んでいる。「日本刺繍の図案は、先人が心を砕き長い時をかけてできたもの。それを私たちは使わせてもらっている。家紋についていえば、これ以上洗練されたものはないと思う。日本人の美意識のひとつである侘び寂び、色に関する細やかな違いを引き出す民族性は様々な文化芸術を生み出してきた。日本刺繍についていえば、たとえば同じ牡丹の花でも刺し方によって幽玄にも写実にもなる」と大木さんは話す。
 移ろう自然や伝統柄の美しさを絹糸の輝きで繊細に表現する日本刺繍。着物や帯、日本人形や相撲の化粧廻しにほどこされている。今、流通している着物や帯の刺繍の大半は機械によるもので、手作業による日本刺繍は希少なもの。
 大木さんは、日本刺繍をたしなんでいた母親に跡を継いで欲しいと頼まれ、この道に進んだ。当初は母親の師であった歌舞伎役者などのポートレートを刺繍する『ひとすが会』の菅原健三さんに師事し学んだ。その後、公募展入選、習志野市美術展入賞を経て、習志野市美術会の会員に。大網白里市に移り住んだ翌年、市内のギャラリーで個展を開いたところ、「是非、教えてほしい」と数人の来場者に言われ、工房で教室を始めた。「人数が少ないから一人ひとりの制作目標に沿った教え方ができる」と大木さんは微笑む。
 敷地内には家庭菜園があり、庭は大木さんが植えた木々や草花が四季を彩る。「茶室に飾ってある黒侘助(椿)や、もうすぐ花期を迎える御衣黄桜も植えたの。夏ミカンは収穫したらジャムやオレンジピールを作りお茶菓子に。野菜は無農薬で育てています。井戸もあるので、お茶で使っているのよ」と大木さん。「へっつい」と呼ぶ竈もあり、ご飯を炊いたり、おでんを作るとか。花の写生で観察眼を磨く。田舎暮らしを存分に満喫している様子が伝わってくる。
 蒐集した図案集を見ながら、「どんなものが使えるか、常に目を光らせているの。自分らしく、どう表現するか考えています。自分の帯に自分だけの桜を刺したい。色々なことをやっていると、皆つながっていると分かる。お茶をやれば花や字。文化芸術はつながりがある。だから今度、茶室を使って『イタズラ』してみようと思っているの」と茶目っ気たっぷりに話す。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る