「のびのび、元気よく」が一番

 『大多喜町少年柔道クラブ』が昨年度、千葉県社会体育優良団体に選ばれた。スポーツ活動を組織的・計画的に行い、その普及を積極的に推進している団体に送られる顕彰だ。監督の杉村泰彦さんは「個人戦で3年連続全国大会に出場した。地道な努力の積み重ねが評価されたのでしょう」と話した。
 同クラブは、部員数が減り力不足が目立ってきた町立大多喜中学校柔道部の強化を目的として、平成12年に発足した。小学生のうちに基礎を学び、将来につなげるためだ。「目先の勝負にこだわりすぎず、のびのびとやって柔道を好きになってほしい」おおらかな方針のせいか、中学、高校に進学しても柔道を続けていく卒業生が多いという。
 小学生38名、幼稚園生4名。休憩中は賑やかで笑顔あふれる雰囲気だが、いざ稽古になると真剣な表情でぶつかり合う上級生たち。まだ無邪気にじゃれ合う感じの下級生たちは、そんな先輩の姿を目の当たりにしながら成長していくのだろう。「柔道を通して、強い体と精神力を養い、大多喜町の将来を担う立派な社会人になってほしい」と杉村さん。
 練習日は月・水18~20時、大多喜中学校柔道場。土14~17時、大多喜町B&G海洋センター。年会費3300円。

問合せ 杉村さん
TEL 070・2828・8996

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る