記憶に残る楽しいふるさとを創るために

 昨秋、養老渓谷を拠点に『楽しいふるさと創る会』が発足され、閉校となった旧老川小を活用し『養老渓谷音楽祭』や『老川・演日祭』など様々なイベントが行われている。認知度が上がってきた成果として、来場者は増加の一途。生演奏や大道芸、お笑いパフォーマーの舞台から体験型のワークショップまで内容も充実している。
 代表の小泉和弘さんは『ふるさと』について、「必ずしも生まれ育った場所や風景だけをいうのではないと思います。どれだけ素敵な経験や人との繋がりを創れたかが大事。大人になった時に、それが彼らを支える力となり、記憶の中で色あせることなく残っているもの。この地域の子どもたちにはそう感じてもらいたいです」と熱く語る。
 「常に無謀な計画をしているんですけどね」と笑う小泉さんだが、「今年の夏はお化け屋敷も行ったんですが、中学校の生徒がお化け役をやりたいと言ってくれて嬉しかったです」と続ける通り、同会のメンバーは7名と少数だが、ポップコーンや棉菓子など会員以外の人が参加という形で手伝ってくれる機会がとても増えているとか。
 それでも、目標は『県外から人を呼ぶこと』と『地域の子どもたちが、大人になって自主的に地元を元気にするイベントを作りたいと思ってくれること』。失敗を恐れず自ら動けば、もっと『楽しい』ふるさとが手に入るかも?
 同会は随時会員を募集中。11月14、15日旧老川小では秋の芸術祭『小湊鉄道・いすみ鉄道写真展』が開催される。詳細は小泉さんまで。

問合せ 小泉さん
TEL 080・2677・4649

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る