大好き!あったか手編み

 毛糸と編み棒だけでひと目ひと目編んでいく編み物。完成を目指すワクワク感に夢中になる人も多い。
 茂原市高師のレンタルスペース『フリースペース38』で活動する手編みサークル『ニットグループすみれ』は23年前に設立された。会員21名のうち20年以上続ける人が3分の1。
 ベスト、セーターやカーディガンなど大物に取り組む会員がほとんど。集まると大きなテーブルを囲み、おしゃべりしながら自由に編みはじめる。「小学生のとき、はじめて毛糸でそろばん入れを作った」という有資格者が講師なので心強い。わからなくても「先生」と会員が呼ぶとすぐに寄り添うよう教えてくれる。
 会長の太田和きみ子さん(68)は家事の合間のわずかな時間にも手を動かすというほど編み物好き。自分で製図して作品を仕上げる。「編み物の経験が全くなかった新会員が、8カ月かけてマフラーを完成させた」と自分のことのように喜ぶ人。「ここに来るとほっとする」という82歳のベテラン武田まささんはピンクのベストを完成させたばかり。 入会して半年の50代の女性は「糸の扱いを丁寧に教えてもらえる」と楽しそうフチ編みのストールに挑戦する。70代の女性が完成させたエンジ色のセーターを講師が高く掲げて見せると「すてき」、「頑張ったわね」と声がかかった。
 活動は第2・4・5火曜日の10時から15時まで。会費3カ月分4千円。同スペースのオーナーが入れたコーヒーでお弁当を食べるひとときも楽しみのひとつ。

問合せ 太田和さん
TEL 090・4741・6761

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る