さあ、ようこそ絵本の世界へ

「始まるよったら始まるよ~」軽快な口調で歌と語りを繰り出すのは『聞かせ屋。けいたろう』さんこと坂口慶さん。幼稚園や保育所、書店のほか都内の路上で会社帰りの大人などに向けて絵本の読み聞かせを行っている。 2月16日、長生郡にある長南町子育て交流館に、けいたろうさんがやってきた。読み聞かせは2回に分けて行われ、乳幼児と母親など合計53名が来場した。主催は長南町保健福祉課。
 ハンチング帽にタータンチェックのベスト、大きなトランクといった英国紳士のような出で立ち。ウクレレをかき鳴らしながら「しあわせなら手をたたこう」と歌い出す。「何が始まるんだろう?」来場者の視線はけいたろうさんに釘づけ。「はじまりの拍手」に続き「だあれだ、だれだ?」、「いぬさん、あむあむあむ」。「みなさんもどうぞ~」穏やかな口調で誘導し、絵本の中の言葉を来場者も一緒に繰り返す。「読み手と聞き手がつながることができる、それが読み聞かせの醍醐味です」とけいたろうさん。
 けいたろうさん作の絵本『どうぶつしんちょうそくてい』(絵・高畠純)は様々な動物たちが身長を測りにやってくるが、キリンは首が長すぎて測定できないなど、それぞれハプニングが起きてしまうお話。色々な動物が飛び上がる『ぴょーん』ほか、テンポよく次から次へと絵本の世界が広がり大人も子どもも思わず笑顔に。「乳幼児はマミムメモやバビブベボなど上下の唇をくっつけて出す音が大好き。本を読まなきゃ、と肩苦しく考えないで音を楽しんで。親子がつながれる時間を大切に」とアドバイスも。
「最初からワクワクしました。普段はじっとしていない子なのに、話や歌に集中して自然と手を叩いて喜んでいました」と2歳の男児の母親。20分間の読み聞かせは、会場を晴れやかな雰囲気にして終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る