さあ、ようこそ絵本の世界へ

「始まるよったら始まるよ~」軽快な口調で歌と語りを繰り出すのは『聞かせ屋。けいたろう』さんこと坂口慶さん。幼稚園や保育所、書店のほか都内の路上で会社帰りの大人などに向けて絵本の読み聞かせを行っている。 2月16日、長生郡にある長南町子育て交流館に、けいたろうさんがやってきた。読み聞かせは2回に分けて行われ、乳幼児と母親など合計53名が来場した。主催は長南町保健福祉課。
 ハンチング帽にタータンチェックのベスト、大きなトランクといった英国紳士のような出で立ち。ウクレレをかき鳴らしながら「しあわせなら手をたたこう」と歌い出す。「何が始まるんだろう?」来場者の視線はけいたろうさんに釘づけ。「はじまりの拍手」に続き「だあれだ、だれだ?」、「いぬさん、あむあむあむ」。「みなさんもどうぞ~」穏やかな口調で誘導し、絵本の中の言葉を来場者も一緒に繰り返す。「読み手と聞き手がつながることができる、それが読み聞かせの醍醐味です」とけいたろうさん。
 けいたろうさん作の絵本『どうぶつしんちょうそくてい』(絵・高畠純)は様々な動物たちが身長を測りにやってくるが、キリンは首が長すぎて測定できないなど、それぞれハプニングが起きてしまうお話。色々な動物が飛び上がる『ぴょーん』ほか、テンポよく次から次へと絵本の世界が広がり大人も子どもも思わず笑顔に。「乳幼児はマミムメモやバビブベボなど上下の唇をくっつけて出す音が大好き。本を読まなきゃ、と肩苦しく考えないで音を楽しんで。親子がつながれる時間を大切に」とアドバイスも。
「最初からワクワクしました。普段はじっとしていない子なのに、話や歌に集中して自然と手を叩いて喜んでいました」と2歳の男児の母親。20分間の読み聞かせは、会場を晴れやかな雰囲気にして終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る