萩の茶席で秋の訪れを感じて

 今秋、茂原市立美術館で開催された『萩の茶席』。主催の茂原市茶道協会表千家の小池喜美子さんは、「茶席は今年で6回目、毎年百名を超す方々がみえます。美術館で絵画とお茶、音楽の3つが同時に楽しめるイベントとあって、毎年とても好評です」と話す。来客者には偶然訪れた茶席の初心者も多く、作法に緊張する人の姿も。しかし、水指などの茶道具やお菓子の説明が丁寧にされると、「このお菓子の模様はもみじですね。とても綺麗です」と来客から声が上がるなど、ゆったりとした和やかな雰囲気。
 2年前に茂原市へ移住してきた夫婦は、「石川県から越してきました。茶碗で輪島塗のお話が出たので、懐かしくなりました。私は最近全く茶道に触れていないのですが、またやりたくなります」と茶碗をしきりに眺めていた。この茶会は、茶道協会の裏千家と表千家が毎年交互に担当している。「茶道のお薄は抹茶をよくたてて皆様に差し上げます。いかがでしたか」と表千家の来客と交流を図る場面も見られた。
 坂田昭代さんも、「これらの茶席を通して、地域に根差しながら人々と交流を図り、流儀を越えて大切な文化を次の世代へ受け継いでいけたらと思います」と話す。茶道では大股で歩かない、人の前は通らない、大きな音を立てないなど小さな所作を身につけることができる。近年、伝統文化子ども茶道教室も大好評なのだとか。詳細は問合せを。

問合せ 小池さん
TEL 0475・25・1527

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る