萩の茶席で秋の訪れを感じて

 今秋、茂原市立美術館で開催された『萩の茶席』。主催の茂原市茶道協会表千家の小池喜美子さんは、「茶席は今年で6回目、毎年百名を超す方々がみえます。美術館で絵画とお茶、音楽の3つが同時に楽しめるイベントとあって、毎年とても好評です」と話す。来客者には偶然訪れた茶席の初心者も多く、作法に緊張する人の姿も。しかし、水指などの茶道具やお菓子の説明が丁寧にされると、「このお菓子の模様はもみじですね。とても綺麗です」と来客から声が上がるなど、ゆったりとした和やかな雰囲気。
 2年前に茂原市へ移住してきた夫婦は、「石川県から越してきました。茶碗で輪島塗のお話が出たので、懐かしくなりました。私は最近全く茶道に触れていないのですが、またやりたくなります」と茶碗をしきりに眺めていた。この茶会は、茶道協会の裏千家と表千家が毎年交互に担当している。「茶道のお薄は抹茶をよくたてて皆様に差し上げます。いかがでしたか」と表千家の来客と交流を図る場面も見られた。
 坂田昭代さんも、「これらの茶席を通して、地域に根差しながら人々と交流を図り、流儀を越えて大切な文化を次の世代へ受け継いでいけたらと思います」と話す。茶道では大股で歩かない、人の前は通らない、大きな音を立てないなど小さな所作を身につけることができる。近年、伝統文化子ども茶道教室も大好評なのだとか。詳細は問合せを。

問合せ 小池さん
TEL 0475・25・1527

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る