俳句を愛して60年 大網で詠まれる歌とは

(前列中央)田中さん↑

 大網白里市在住の田中臥石さん(81)は、同市中央公民館で行われる大網俳句教室、及び同好会などで長年講師を務めている俳人である。田中さんは明治時代を生きた高浜虚子、水原秋桜子の弟子である石田波郷に師事し、現在も俳句雑誌『末黒野』で作品を発表し続けている。
 「俳句を始めたのは大学2年の時でした。結核を患い、療養中に石田波郷の惜命を読んで感銘を受けました。今は毎朝4時に起きて俳句を考えます。漁船が浜から出て行くのを見るなど日常の1コマが大切な1句に繋がるんです」と田中さんは俳句への想いを告げる。
 俳句は続けるほど奥深く、その世界を知れば、日々の生活の中で視界に入るものがぐんと愛おしく見えるのだとか。俳句同好会会員たちも、「俳句は紙と鉛筆があれば誰でもできます。老後の楽しみにオススメですよ」、「先生は時に厳しく、そしてとても細かく指導してくれます」と話す。
 参加者も高齢が多く、「日本の伝統である俳句が廃れていくことが危惧されます。ぜひ若い方々も気軽に体験してみてはいかがでしょうか」と田中さんは続けた。各レベルに合わせた教室で参加が可能。日常にさらに色どりを感じられるのではないだろうか。詳細は問合せを。

問合せ 大網俳句同好会 前田さん
TEL 080・5801・7490

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る