俳句を愛して60年 大網で詠まれる歌とは

(前列中央)田中さん↑

 大網白里市在住の田中臥石さん(81)は、同市中央公民館で行われる大網俳句教室、及び同好会などで長年講師を務めている俳人である。田中さんは明治時代を生きた高浜虚子、水原秋桜子の弟子である石田波郷に師事し、現在も俳句雑誌『末黒野』で作品を発表し続けている。
 「俳句を始めたのは大学2年の時でした。結核を患い、療養中に石田波郷の惜命を読んで感銘を受けました。今は毎朝4時に起きて俳句を考えます。漁船が浜から出て行くのを見るなど日常の1コマが大切な1句に繋がるんです」と田中さんは俳句への想いを告げる。
 俳句は続けるほど奥深く、その世界を知れば、日々の生活の中で視界に入るものがぐんと愛おしく見えるのだとか。俳句同好会会員たちも、「俳句は紙と鉛筆があれば誰でもできます。老後の楽しみにオススメですよ」、「先生は時に厳しく、そしてとても細かく指導してくれます」と話す。
 参加者も高齢が多く、「日本の伝統である俳句が廃れていくことが危惧されます。ぜひ若い方々も気軽に体験してみてはいかがでしょうか」と田中さんは続けた。各レベルに合わせた教室で参加が可能。日常にさらに色どりを感じられるのではないだろうか。詳細は問合せを。

問合せ 大網俳句同好会 前田さん
TEL 080・5801・7490

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る