子ども達がキラキラと輝く場所 プレーパーク『睦沢町まっ白い広場』

 ツリーハウスに登り、元気いっぱいの笑顔を窓からのぞかせる子、大きな丸太のブランコに乗ってはしゃぐ子。そのほかノコギリで木を切ったり川で遊んだり。長生郡睦沢町にあるプレーパーク『まっ白い広場』。ここでは参加者ひとり一人が主役。雑木林の中で五感を使って思いきり自然と遊ぶ。「ゴミとケガは、自己責任で持ち帰り」がルール。「自主性を育てたいので、なるべく手は差し延べない。工作などで失敗しても口は出さないし、ダメという言葉も使わないようにしています」と事務局長の松本敏男さん。
 2004年、県知事と県民が直接対話するタウンミーティングで「子ども達に自然の中で遊ぶことの楽しさを体験させてあげたい」との声が上がった。そこで、同席していた中核地域生活支援センター『長生ひなた』のメンバーを中心にプレーパークを立ち上げることに。町立土睦小学校裏の雑木林の一部を切り開き、ツリーハウスやピザ窯、ターザンロープを作った。近所の人の厚意で、周囲の畑も遊び場として提供されている。常時活動しているボランティアスタッフは元教員や福祉関係者など約10名。昨年までの3年間は町から、今年は林野庁からの助成金を受け運営している。
 取材した9月10日の参加者は約80名。毎月1回の開催を心待ちにしているリピーターも多く、中には保護者なしで1人で遊びにやってくる子も。町外や県外からの来訪者もあり、参加者は年々増えている。 
 公園のように鉄棒や滑り台などの遊具が最初から備えられてはいない。「何もない真っ白な状態から、参加者とともにみんなで遊びを見つけ、楽しんでいこう」そんな思いから『まっ白い広場』と名付けられた。
 広場の中で、子ども達は実に生き生きと動く。子どもは本来、生き物が大好き。ミミズなんてへっちゃら。ヤモリ、トンボにセミ、バッタ、クワガタムシまで様々な生き物に出合うことができる。ある1人が生き物を捕まえると「見せて見せて」と、目の色を変えて他の子が寄ってくる。森の中ではみんな仲間。お互いに協力し合い、キラキラとした表情で夢中で遊ぶ。あちらこちらで焚き火に興じる姿も見られた。大きなショベルで穴を掘り、新聞紙や枝を置いてマッチで火をつける。普段はできない火遊びが自由にできるとあって意気揚々とした表情で声をかけあう。「火が消えちゃうぞ」、「もっと枝を拾ってこよう」工夫をしながら小学校低学年男子のグループが一生懸命に火起こしをしていた。母親と一緒に火を起こし、焼いたマシュマロを美味しそうにほおばる幼児も。
 また、この日は森林インストラクターの藤田浩二さん(通称ぷうさん)による講座『森の宝物を探しに行こう!』が行われ、子どもたちは多くの生き物と植物を観察した。「なにかトゲトゲのもの」、「なにかにおいのするもの」など、配られた『宝ものリスト』の中に書かれたものを見つけるため、森の中を探検した。「ぷうさん、これなあに?」、「スギの実を見つけた!」など、見たまま感じたままに質問や驚きを口にする子どもたち。藤田さんは「これはシデムシと言って森の掃除屋さん。他の生き物が死んだらそれを食べに出てくるんだよ」など、どんな質問にでもわかりやすい言葉で答えるので子ども達に大人気。「おとのするもの」は、みんなで草笛を作って鳴らした。最後は木粉粘土に、拾った実や枝を埋め込み思い思いに「森の妖精」なる人形を作った。
 お昼にはスタッフ手作りのカレーが振る舞われた。季節により、竹にブルーシートを被せたウォータースライダーやカヌーも登場する。2月の川払い時に川に入り、大きなコイを捕まえた子も。松本さんは「今の子もたくましいなぁと思います。子どもたちの嬉々とした表情を見ると、こちらも嬉しくなりますね」と目を細める。
 保護者からは「小さい頃は自然の中で遊ばせたいと思って参加しました。子ども達は本当に楽しそう。そして私も楽しい」との声が聞かれた。土睦小学校裏の鎮守川脇で毎月第2土曜開催。1016時。同校が駐車場。無料で事前申込不要。持ち物は弁当、飲み物、着替え、ヘルメットなど。授乳テントあり。ボランティアスタッフ募集中。

問合せ 事務局 松本さん
TEL 0475・44・2289

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る