魂を込めて作った蓮根を届ける

 長生郡長南町の山間部で、衰退する農業をいかに再生させるかという課題に取り組んでいる青年がいる。金坂哲宏(あきひろ)さん(34)は、放置竹林で問題になっている竹に注目し、今では『竹チップ蓮魂』と名付けた商品の蓮根を市原市やいすみ市内の道の駅などの直売所に卸販売している。
 「元々は、父が自営で蓮根農家をしていましたが、8年ほど前に急死してしまいました。IT専門学校を卒業して都内にいたのですが、家業を継ぐためにUターンしました」と話す金坂さん。それまで出荷を手伝った経験はあったものの、栽培作業は全くの未知。だが、「父の蓮根は農林水産大臣賞をとったこともある品種で途絶えさせるわけにはいかない」という強い思いがあった。
 茨城県の農家に40日間研修に行き、最低限の知識を仕入れると、あとは独学でスタート。「竹チップに行きつくまでには、炭や竹を粉砕したパウダーを入れるなど試行錯誤しました。蓮根は基本的にオーガニックで栽培できないんですが、それはなぜかと原因を調べるために病害虫の研究もしました」と語る金坂さんの『蓮魂』は灰汁(あく)が少なく食べやすいのが特徴だという。
 オリーブオイルで炒める調理法もオススメで、「今まで年末年始にしか食べなかった蓮根がこんなに美味しいと気づかなかった」と年配の女性に言われた時は嬉しかったという。今後は、「金坂ブランドとしてより広い場所で流通させていくとともに、多くの品種があり味も異なる蓮根についてより詳しく消費者に伝える方法を考えていきたい」と抱負を語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る