魂を込めて作った蓮根を届ける

 長生郡長南町の山間部で、衰退する農業をいかに再生させるかという課題に取り組んでいる青年がいる。金坂哲宏(あきひろ)さん(34)は、放置竹林で問題になっている竹に注目し、今では『竹チップ蓮魂』と名付けた商品の蓮根を市原市やいすみ市内の道の駅などの直売所に卸販売している。
 「元々は、父が自営で蓮根農家をしていましたが、8年ほど前に急死してしまいました。IT専門学校を卒業して都内にいたのですが、家業を継ぐためにUターンしました」と話す金坂さん。それまで出荷を手伝った経験はあったものの、栽培作業は全くの未知。だが、「父の蓮根は農林水産大臣賞をとったこともある品種で途絶えさせるわけにはいかない」という強い思いがあった。
 茨城県の農家に40日間研修に行き、最低限の知識を仕入れると、あとは独学でスタート。「竹チップに行きつくまでには、炭や竹を粉砕したパウダーを入れるなど試行錯誤しました。蓮根は基本的にオーガニックで栽培できないんですが、それはなぜかと原因を調べるために病害虫の研究もしました」と語る金坂さんの『蓮魂』は灰汁(あく)が少なく食べやすいのが特徴だという。
 オリーブオイルで炒める調理法もオススメで、「今まで年末年始にしか食べなかった蓮根がこんなに美味しいと気づかなかった」と年配の女性に言われた時は嬉しかったという。今後は、「金坂ブランドとしてより広い場所で流通させていくとともに、多くの品種があり味も異なる蓮根についてより詳しく消費者に伝える方法を考えていきたい」と抱負を語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る