【茂原市】競技の奥深さを学び、新たな世界へ羽ばたく

茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き、第37回全日本クラブチーム卓球選手権大会で奮闘した選手たち。三上勇斗さん(15)、佐藤幸紀さん(15)、三上海斗さん(12)、滝口舞依さん(15)、鵜澤怜凪(れいな)さん(15)、荘司紗良さん(12)の6名は今春それぞれ小学校と中学校を卒業するため、3月24日(日)に豊田小で開催された卒団セレモニーに出席した。
柴田敬道さんは同団が結成された平成6年より監督を務めており、「チームの練習では球に多く触れ、楽しむことを一番大切にしてきました。子ども達にとって一つの居場所になるように心がけ、卓球以外にも夏はキャンプ、冬は餅つきをするなど交流を深めました」と語る。毎週土日各3時間ほど練習時間を確保していたが、練習の開始は鬼ごっこを行うこともあるほど。「練習は競技の入り口に過ぎず、子ども達は続けていくうちに奥深さを理解し、自分たちで球の飛び方や回転などの研究を始めます。出来なかったことが可能になった時に達成感を得てくれたら嬉しいですね」と、柴田さんは続けた。
佐藤さんは「中学の部活も卓球部に入っており、土日を含めて日々練習することで体力作りができたと思います。監督からは粘り強さを教わりました」と振り返った。滝口さんはチームでの思い出の1つに夏のキャンプをあげた。「練習とは違って、キャンプでは自分たちでご飯も作って楽しかったです。私は姉がやっていたことがきっかけで始めたのですが、試合前に緊張すると深呼吸して自分を落ち着かせています」と笑顔を見せる。
家族がきっかけで卓球を始める子は多いようで、三上勇斗さんと海斗さんは兄弟で所属、両親も卓球経験者だという。「ドライブが得意で、試合で勝てると嬉しいです。高校でも卓球を続けます」、「気がつくと小さい頃から卓球をしていました。家でも時々練習しますが、お兄ちゃんはアドバイスをしてくれます」とそれぞれ話す。2人のお母さんは、「家族で一緒の大会に参加することもあるので、同じ時間を共有できたことが嬉しかったです。我が家は一宮町在住ですが、外房に卓球チームは茂原市にしかなかったのでこちらにお世話になりました。おかげで幅広い場所に友達ができたことも彼らにとってプラスになったはず」と感慨深げに話した。
荘司さんは、「私は一人っ子で、チームに同い年がいないので思いきり甘えることができて嬉しかったです。中学校にいっても卓球部に入ります」というように、今後も卓球を継続する選手がほとんどのよう。同チームは4月より活動を縮小するが、選手たちの今後の活躍が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る