尊い小さな命を守りたい! ボランティアで猫の格安避妊・去勢手術]【長生郡長柄町】

長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごすことができず、保護活動を始めた。私費で犬や猫の避妊・去勢手術を行い、譲渡会などで飼い主を探すが、すべてに引き取り手がいるわけではない。現在今成さん宅で、猫37匹と犬26匹を飼っている。「自分で飼えなくなると簡単に捨ててしまう人が沢山います。飼う人には、命を預かっているという自覚を持って欲しい。駅前で募金活動をしながら飼い主の意識向上を訴えていますが、現状は30年前とほとんど変わりません」と語る。
 今成さんは毎月第3木曜日、都内で動物病院を営む獣医師の太田快作さんを招き、野良猫・地域猫の格安避妊・去勢手術を行っている。太田さんは動物愛護活動に強い思いを持ち、殺処分される命を減らすために、講演会やテレビ出演などで啓発活動に取り組んでいる。手術費用は通常の5分の1ほどで、さらにワクチンとのみとり、虫下しのためのレボリューションも含む。太田さんは「子猫でも体重が1キロあれば、手術ができます。若いうちに手術をすれば無駄に失われる命を減らすことができます」と話す。
ボランティアには、獣医師、トリマー、看護師といった職業の人が並ぶ。取材日に3匹の猫を持ち込んだ母娘は、自宅周りの野良猫を保護して私費で手術し、スーパーに張り紙をして飼い主を探すのだという。小さな命を守るために、様々な人が心を合わせ尽力している。手術費用は、オス5000円、メス6000円。詳細は問合せを。
問合せ:今成さん
TEL.080・5372・2348

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る