ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が散るころから始まる分蜂の時期に備え、そろそろ巣箱の設置の準備を始めなければなりません。群れの数が増えるよう今から期待が膨らんでいきます。
毎年送られて来る野菜の種のカタログを見ながら「さあ今年はどんなものを育てようか」と、新しい事にチャレンジする1年を計画していくのも、とてもワクワクします。野菜の幾種類かはすでに育苗箱で小さな芽をひょっこりと出し始めています。昨年と違うのは知人から耕運機を譲り受け、作業用の軽トラックも購入した事。これまではほとんど手作業で、大変な思いをしていた畑仕事でしたが、これからはもう少し楽に、楽しくできるに違いありません。

★アップルクランブル
●材料
リンゴ(できれば紅玉)3個、グラニュー糖1(リンゴと混ぜるもの)大さじ2、薄力粉200g、グラニュー糖2(クランブル用)110g、冷やしたバター(1cmほどのサイコロ状にスライス)120g、塩少々、オートミール大さじ2、シナモン大さじ2
●作り方
1.オーブンを190度に温めておく。
2.リンゴを各4等分に切り皮を剥き、芯を取ったら約1cmの厚さにスライスする。
3.直径20cm、深さ5cmほどのオーブン皿に2を入れ、グラニュー糖1を軽く混ぜ合わせ、指で押しながら均一にする。
4.ボウルに薄力粉、グラニュー糖2、塩、バターを入れ、粉とバターが全体的に馴染むようによくこねる。
5. 4を2の上に入れ、リンゴの上に均等になるようにフォークの背などを使って伸ばしていく。
6.オートミールとシナモンを5の上から均等にまぶし、温めたオーブンの中に入れ35〜40分程焼く。
7.焼けたら10分程冷まして皿に盛り、クリームやヨーグルトなどを添える。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る