金箔を自在に使い、光と水の広がりなどを表現 ~聖原司都子展・古民家ギャラリー「夏庭」~【長柄町】

 現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり楽しめる。2015年にオープンして以来、ゴールデンウィークの期間中に展示会を開催していたが、今年から4カ月間の長期間で㈮㈯㈰に開館し、カフェスペースも併設となる。
 管理人の内田真理さんは、東京都在住の版画家。この古民家は祖母の家で、子どもの頃、夏休みごとに遊びに来ていたそうだ。カワセミが訪れる池、竹林、小さな祠など、いずれも昔のままの姿を残し、家を引き継いだあとは手入れなどをして楽しんできたという。
 今回の展示会は美術家・聖原司都子(きよはらしずこ)さんの個展。金箔を使って表現された光と水の広がり、悠久の時間まで感じられるような、おおらかで美しい作品を展示する。聖原さんは、 国内だけでなく、ヨーロッパやアジア、中東などの展覧会で国際的にも活躍しつつ、東京都の特別支援学校の美術教師としてキャリアを積み、現在は障害児保育園で、障害児の保育の仕事にもついている。夏庭のホームページにメッセージを寄せ、「音や匂いのように感じられても見えないものや、光のように見えていて触れないもの、泡や煙のように触ったつもりが時間とともに消えていくもの。(中略)決して所有することのできないそういったものを、せめて画面の上に留めておこうとしてみた試みの記録です」と解説している。
 長柄町在住のチェリスト、大友肇さんの恒例ミニコンサートも5月3日(日)14時から開催。要申込で先着20名、飲物つき1500円。小川の流れる庭や裏山を散策することもできるギャラリーで、初夏のひとときを過ごしてみては。

会期:4月3日(金)~7月26日(日) 期間中の(金)(土)(日)
10~16時に開館
〒297-0211 千葉県長生郡長柄町榎本479
TEL.070・3121・5031
http://natuniwa.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る