チェンソーで「アマビエ様」を制作 茂原市内に手作りで設置

 茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きいちきち・カーバーネーム)は、「アマビエをイラストなどで描き、ネット投稿する『アマビエチャレンジ』を知ったのは3月。その時は立体作品が少なく、短時間で彫れるチェンソーカービングで作ろうと思いました」と話す。アマビエは江戸時代末期、疫病流行のとき熊本の海に現れ、「私の姿を写し人々に見せよ」と言い残し海中に消えたという妖怪。当時の瓦版には病が治ったという記述はないが、その絵を見ると病が治ると多くの人が信じたらしく、人気になったそうだ。
 木一吉さんはすぐに制作しツイッターに投稿。2日で5500の「いいね」がつき、それなら同好会でも彫ろうと、4月のテーマとした。例会に参加したメンバーの木村さんは「例会ではアマビエ本体だけだったので、木一吉さんの見本のように台座から彫りたい」と、自宅でさらにもう一体制作。「1日も早い新型コロナの終息を願い作ったので、験担ぎですが誰かに見てもらえればと思いました」。これにメンバーの鈴木さんが、国道409号と茂原大多喜線の交差点脇への設置を提案。「多くの人と車が通る所。茂原に話題を作って、少しでもまちが元気になれば」と考えたという。メンバー4人で説明看板を立てるなど工夫し、2日がかりで設置。撮影などで毎日人が来ており、お祈りする高齢者もいるそうだ。「アマビエは現代のゆるキャラのようなテイストがあったので、可愛いデザインにしてみました」と木一吉さん。

 同くらぶは、長柄で20年活動したクラブが前身。前クラブ解散後、再びメンバーが集まって昨年7月にスタートした。木一吉さんは18年、木村さんや最年長の伊藤さんは10年続けているという。東京から来る人もおり、60~70代が中心。例会は第2日曜、水田に囲まれた杉林の中、広く開けた場所でそれぞれ離れて作業する。「チェンソーカービングは1~3日で仕上がり、一気に削り出す爽快感が魅力。ノミなどで彫ったら1カ月かかります」。制作するのは動物などで、本業がフィギュア原型師の木一吉さんが、前後と横の姿をデッサンし、それを見ながら彫るという。「このデッサンが書ける人がなかなかいない。木一吉さんは何でも作れるので凄いですよ」と木村さん。メンバーも募集中で、「定年後に始めた人がほとんどなのでぜひ!」とのこと。体験歓迎。
問合せ:木一吉さん(濱さん)
TEL.080・1362・0752

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る