鉄道で地域をめぐる 第10回かんとうみんてつスタンプラリー開催!

 関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬・栃木・茨城」「神奈川・山梨」と4つのエリアに分けて実施。千葉エリアでは貨物専用である「京葉臨海鉄道」が新たに参加し、全エリアでこれまで最大規模の41社・41駅になりました。
 参加はスマートフォンにて。専用サイト、もしくは駅などで配布しているスタンプラリーのチラシ記載QRコードから参加登録を行い、エリア内の対象3駅に到着したら、サイトに入りスタンプを集め、応募するだけ。全員に、かんとうみんてつオリジナル賞品をプレゼント。もちろん各エリアだけでなく、全41駅制覇してもよし。実施は2021年1月15日(金)まで。

・千葉エリア:新京成電鉄、流鉄、東葉高速鉄道、千葉都市モノレール、成田高速鉄道アクセス、成田空港高速鉄道、芝山鉄道、小湊鐵道、いすみ鉄道、銚子電気鉄道、北総鉄道、京葉臨海鉄道 各路線で指定された1駅が対象
・賞品:各エリア3駅達成でエリアごとに違うデザインのクリアファイル(全員)、各エリア全駅達成でオリジナル文具セット(抽選で各エリア50名)、4エリア41駅達成でオリジナル全駅達成認定証(全員)
・専用URL https://webcp.jp/mintetsu2020/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る