どこかにいそうな不思議な住人たちの世界 人形作家 本田 美枝子 さん【外房】

 睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今月は、人形作家・本田美枝子さんの『妖精たちとの出会い』を4月25日まで開催中。擬人化された動物、妖精、魔女、ピエロなどの人形のほか、ヨーロッパの町を思わせる小道具や建物を作りこんだ作品、タイル絵などの小品も並ぶ。本田さんは「建物などは木材で、人形の衣装に使った布やレースは昔のもの。人形の顔や手足は樹脂粘土で作っていますが、それ以外は自然素材を組み合わせることに惹かれますね」と話す。

魔女の買い出し

 本田さんの人物作品は、お年寄りが多い。魔女も貴婦人もピエロも、どこかにいそうな人物で、表情も様々。「特に上品なおばあさんが好き。お年寄りは顔に味が出るので、よく作ります」。一方、動物作品はネコやカエルが中心。特に公募展用に制作した『ネコの夜会・ベニス』は大作だ。川をはさんで音楽隊のネコ、観客のネコたちが、夜の街に集う立体的風景を作った。小さなたくさんのネコたちは柄も表情もポーズも違い、目などは針で描いたという。また、松山庭園美術館の猫展に出品し、受賞した『ネコのお雛様の大行列』も不思議でユニーク。お雛様の七段飾りが動いたらどうなるか?という発想で作ったそうだ。「行列の従者が持っている小道具は、実際の古いお雛様で飾られていたものです。新しい人工的な生地や品はしっくりこないので、できるだけ自然な、古いものを使います。年月が経つと素材にも味わいが出ますから、古具や古布では風合いが増すんですね」

ネコの夜会・ベニス(部分)

 本田さんがこの道に進んだきっかけは大学受験。「子どもの頃から勉強が好きで、芸術的なことはしていませんでした。けれど、受験を失敗したことでこれからはグラフィックデザイナーがいいと思い、専門学校に進んで、広告代理店に就職。仕事で人形作家さんと出会い、これがやりたい!と思って弟子入りしました」。数年後には独立、大手おもちゃメーカーのぬいぐるみデザインを主に手がけた。結婚、子育てで一度やめたが、「知人から展示会への出品に誘われ、今度は自分の作りたいものを作ろうと、人形作家として本格的に始めました」

本田さん

 70歳になり、作家活動も20年以上経ったが、「表現したい、作りたいものがたくさんある」と話す。好奇心も旺盛で、作品のヒントにと、いろいろな物語やアニメ・ゲームなどのコンテンツも調べるという。千葉市土気の自宅にはアトリエがあり、畑での野菜作りにも忙しい。「田舎暮らしで農業をし、人形を作るというのが、東京にいた頃からの夢でした。子どもが小さい時にこちらに越してきて、買った土地を自分で開墾して畑にして。今はその夢が全部叶っていますね」
 緑豊かな森の中、野菜や花を育て暮らしていることが、本田さんの作品に息づく、不思議な実在感の理由かもしれない。昔から精霊も魔女も妖怪も、自然のなかに存在している。「人ならざるものがテーマですが、その中に人を表現したい。あちらの世界からこちらの世界に出てきたような、向こうの世界を垣間見るように、もっともっと深く表現できたらと思います」と本田さんは笑顔で語った。

会期:4/25(日)迄 
   10~17時、最終日15時 (火)(水)休
   ギャラリー801(長生郡睦沢町川島80の1)
   Tel.0475・40・3035

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る