ショウブの花咲く~オープンガーデン~ 白井「田園」【長南町】

 長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので、ハナショウブは父が数株ほど植えたのが始まり。母が周囲の田んぼで種類や株数を増やしてきました」と話すのは、白井恵美子さん(71)。母・幸子さん(95)が丹精込めて世話してきた庭を、中心となって管理している。

 白井『田園』が開園したのは、1978年。幸子さんが「自分たちだけ見ているのはもったいない」と無料公開にした。茶道や華道をしていた幸子さんは野点や生け花展も行い、その後、油絵や俳句も始めたことで、写生会やアート展、コンサートなどの文化的イベントに発展した。「じつは、開園した3年後に父が55歳で亡くなり、女ばかりの家族で米作りが難しくなったんです。当時は稲作からの転作が奨励されており、母はショウブを育てることで、土地を守っていた面もあると思います」と恵美子さん。
 中学教師をしていた恵美子さんは、仕事の合間に幸子さんを手伝い、学芸員資格も取得して、イベント企画などを積極的に担当。幸子さんと同じく茶道も習っており、一緒に野点もしたという。「最盛期には約2000坪の敷地に500種10万株が咲き、大勢の方で賑わいました。早朝から撮影する写真家や、画家や俳人の方も来園したり。母とふたりで茶道を教えていたので、母屋にある茶室も使って、茶会をしました。着物姿の参加者が園内をそぞろ歩いて、雅びやかな雰囲気でしたよ。毎年春と秋にアート展も開いていました」。

取材日は開園初日で、ショウブは1~2分咲き。6月10日前後が満開の予想という。

 花がとても好きだった幸子さんは、敷地内に多くの草花や茶花も植えたそうだ。この時期は、卯の花、琉球月見草、キスゲの仲間のヘメロカリス、ホタルブクロなどが咲く。「母はショウブの彩りにもこだわり、同じ花の色が固まって咲かないよう、しょっちゅう園内で植え替えをして庭も自由にデザインしていました。ショウブ園と庭は、母のキャンバスだったんだと思います」
 幸子さんが脳梗塞で倒れたのは2012年11月。その後、家族や親戚を中心に、友人や近所の人たちの協力もあって、恵美子さんたちは規模を縮小しつつも毎年ショウブを咲かせている。2017年には開園40年記念誌を作成、両親とショウブ園の足跡もまとめた。「私も昨年9月から今年3月にかけて、ごく初期の肺がんや動脈瘤など、3つの大きな手術をしました。幸運にもどれも大事には至らず、おかげで今年の花は、感慨もひとしおです」と言う。

ウシとトラ(奥)のオブジェ

 昨年に続き、今年は感染対策でイベントは行わないが、現代アート展は『丑寅祭り』として実施。野外展示されている造形作家の柴田美千里さんのウシとトラのオブジェにちなみ、疫病退散の伝統の祭りである福島県会津の『丑寅祭り』から承諾を得て展示会名にした。母屋にはウシとシマウマの小型のオブジェも並ぶが、どれも子どもたちに人気で、触ったり登ったりして遊ぶのだという。母屋は一昨年の大雨で床上浸水となり、畳をはがした板張りのままだが、幸子さんの絵や縁ある作家の作品などが飾られている。人の『舌』をモチーフにしたオブジェやイスもあり、初めて見ると驚かされる。恵美子さんは「以前とは違って限定公開ですが、ゆったりのんびりしていただきたいです。来年は魔除けの赤色を使った茶碗などで、野点ができれば」と笑顔で語った。
開園は6/20までの(土)(日)のみ、10~16時。入場料大人200円。駐車場無料。
長生郡長南町岩川738
TEL.090-3575-1253

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る