ハーブ王子の森の生活

 明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけに囚われず、カヤックやSAPなどのマリンスポーツにも挑戦してみました。今年も更に何かわくわくする様な事に挑戦していきたいと思っています。
 だいぶ寒さも増してきましたので、熱々のムール貝とポテトのグラタンを作ってみました。ハーブは魚介類に相性ぴったりのディルを使います。

 

●材料(2人分)
A:ムール貝10個、ポテト2個、ぶなしめじ70g、玉ねぎ1/2個、バター大さじ1、白ワイン大さじ2、塩胡椒 少々、モッツァレラチーズ30g、パン粉適量、ディル適量
Bホワイトソース:バター大さじ2、薄力粉大さじ2、牛乳1カップ(200㏄)、塩胡椒 少々
●作り方
①ポテトの皮を剥いてサイコロ状にし、沸騰したお湯で5分程煮る。
②ポテトが柔らかくなったらザルに取り、水気をしっかりきっておく。
③フライパンにバターを溶かし、薄切り玉ねぎを中火で1〜2分程炒め、殻を取ったムール貝、ぶなしめじを加え手早く混ぜる。ワイン、塩胡椒を加え、ある程度水分を飛ばしてボウルに取り出す。
④ ③に②のポテトを加えて軽く混ぜる。
⑤ホワイトソースを作る。鍋にバターを入れ弱火で熱し、半分溶けたら薄力粉を加え、焦がさないように2〜3分炒める(全体がふわっとした感じになるまで)。
⑥火を止め、牛乳の半分の量を入れて手早く混ぜ、滑らかになったら残りの半分も加えて更に混ぜる。
⑦再び中火にかけ、煮たったら弱火にし、混ぜながら3〜4分煮る。全体にとろみがついたら火を止め、塩胡椒で味を整える。
⑧ ⑦を③のボウルに入れてあえる。
⑨ ⑧を耐熱皿に移し、細かくちぎったモッツァレラ、ディル、パン粉を散らし、200度のオーブンで9〜10分焼く。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る