ハーブ王子の森の生活

 明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけに囚われず、カヤックやSAPなどのマリンスポーツにも挑戦してみました。今年も更に何かわくわくする様な事に挑戦していきたいと思っています。
 だいぶ寒さも増してきましたので、熱々のムール貝とポテトのグラタンを作ってみました。ハーブは魚介類に相性ぴったりのディルを使います。

 

●材料(2人分)
A:ムール貝10個、ポテト2個、ぶなしめじ70g、玉ねぎ1/2個、バター大さじ1、白ワイン大さじ2、塩胡椒 少々、モッツァレラチーズ30g、パン粉適量、ディル適量
Bホワイトソース:バター大さじ2、薄力粉大さじ2、牛乳1カップ(200㏄)、塩胡椒 少々
●作り方
①ポテトの皮を剥いてサイコロ状にし、沸騰したお湯で5分程煮る。
②ポテトが柔らかくなったらザルに取り、水気をしっかりきっておく。
③フライパンにバターを溶かし、薄切り玉ねぎを中火で1〜2分程炒め、殻を取ったムール貝、ぶなしめじを加え手早く混ぜる。ワイン、塩胡椒を加え、ある程度水分を飛ばしてボウルに取り出す。
④ ③に②のポテトを加えて軽く混ぜる。
⑤ホワイトソースを作る。鍋にバターを入れ弱火で熱し、半分溶けたら薄力粉を加え、焦がさないように2〜3分炒める(全体がふわっとした感じになるまで)。
⑥火を止め、牛乳の半分の量を入れて手早く混ぜ、滑らかになったら残りの半分も加えて更に混ぜる。
⑦再び中火にかけ、煮たったら弱火にし、混ぜながら3〜4分煮る。全体にとろみがついたら火を止め、塩胡椒で味を整える。
⑧ ⑦を③のボウルに入れてあえる。
⑨ ⑧を耐熱皿に移し、細かくちぎったモッツァレラ、ディル、パン粉を散らし、200度のオーブンで9〜10分焼く。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る