男の料理 ダンディークッキング~今日も美味しくできました!~【茂原市】

 毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料理教室を母体として自主グループが設立され、1995年に名前を『ダンディークッキング』とし、27年が経つ。現在60~70代の26名の会員が、三角巾にエプロン姿で料理に親しんでいる。

6月4日のメニューは『ハヤシライス・鰯の生姜煮・大和芋とオクラの酢の物』の3品。講師の関野和子さんは「季節のものを取り入れて、バランスのとれたメニューを考えています」と話す。教室の始めには、関野さんがレシピについて時間をかけ説明する。くし切りや細切りといった野菜の切り方や計量スプーン・計量カップの使い方、落としブタとは何かなど、細かな解説も丁寧だ。熱心に聞くメンバーからは、「デミグラスソースはどうして濃いきつね色になるのですか」「酢で洗うとはどういうことですか」などと質問が上がった。次に調理台でイワシのさばき方の注意点をきいた後、メンバーは班に分かれて調理を開始。「今日のメニューはイワシをさばくのとデミグラスソースがあるので、いつにも増して難敵です」と慌ただしく動き回り、どの班も約2時間で3品を作り上げた。コロナ禍のため、調理したものは試食せずにタッパーに入れ持ち帰る。「この日ばかりは妻が何も作らなくていいので、喜んでくれています」と家族の評判も上々だ。

「みなさん、なかなかの腕前ですよ」と関野さんが言うように経験豊かなメンバーも多く、同じ調理台を囲む初心者をうまくリードしている。みんな「教室は楽しい」とにこやかだ。「料理を始めて、作る人の苦労がわかるようになりました。今では1日3回の皿洗いは必ずするようにしています」など、家事に対する意識が変わったと口にするメンバーは少なくない。これまでの印象深いメニューを尋ねると、「ショウガがかくし味の具がぎっしり詰まった春巻きは我が家の定番になりました。孫が来るといつも作っています」「カレーは家で作るのと違っていろいろなスパイスを使ったので、妻も興味を持っていました」と、エピソードにも事欠かない。教室設立時からのメンバーは、「思い出深いのはサバの味噌煮や肉じゃがで、先生に基本をしっかり教えていただきました」と振り返る。

『ダンディークッキング』は会員を随時募集中。時間は13時半~16時半。今後予定のメニューは、祭り寿司・シュウマイ・グラタンに親子丼など盛沢山。年齢制限はなく、体験受講もできる。詳しくは問合せを。

 

問合せ:ダンディークッキング・野村さん
Tel.090・4590・4360

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る