バリアフリースポーツ教室がクリスマスフェスタ開催

バリアフリースポーツ教室がクリスマスフェスタを開催

 昨年12月23日、三和コミュニティーセンターサンハート体育館でバリアフリースポーツ教室によるクリスマスフェスタが開催された。バリアフリースポーツ教室は、市原市心身障害者福祉団体連絡協議会の傘下で、障がい者を対象に障がいスポーツを毎月第4日曜日に定期的に行っている。12月の教室をクリスマスフェスタとしたのは2回目。今回は前半にボールを使った競技、後半に千葉県警察音楽隊の演奏と約2時間半の内容。競技は、紙を丸めて作った掌サイズのボールを円の中心に掲げられた逆さまの傘の中に放る玉入れのようなものと、一列に並び80センチの大玉を前後に送り返すものの2種類。色分けのチームで対抗し、体育館に歓声が広がった。警察音楽隊の演奏は8曲に及び、司会者の軽快なトークを交えながらクリスマスソングやエレクトリカルパレードなどを熱演。参加者は手拍子をしながら各々に歌詞を口ずさんだ。同協議会会長の佐藤通安さんは、「スポーツ教室を始めた8年前はケガを危ぶむ反対の声もあったが、今は参加者も年間700人近く。ここまで広がりを見せたことは嬉しいが、これからさらに健常者と障がい者のスポーツの差を狭めたい。時間と場所を確保するのが課題」と話す。最後はサンタクロースがお菓子を配り、体育館をクリスマス色に染めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る