バリアフリースポーツ教室がクリスマスフェスタ開催

バリアフリースポーツ教室がクリスマスフェスタを開催

 昨年12月23日、三和コミュニティーセンターサンハート体育館でバリアフリースポーツ教室によるクリスマスフェスタが開催された。バリアフリースポーツ教室は、市原市心身障害者福祉団体連絡協議会の傘下で、障がい者を対象に障がいスポーツを毎月第4日曜日に定期的に行っている。12月の教室をクリスマスフェスタとしたのは2回目。今回は前半にボールを使った競技、後半に千葉県警察音楽隊の演奏と約2時間半の内容。競技は、紙を丸めて作った掌サイズのボールを円の中心に掲げられた逆さまの傘の中に放る玉入れのようなものと、一列に並び80センチの大玉を前後に送り返すものの2種類。色分けのチームで対抗し、体育館に歓声が広がった。警察音楽隊の演奏は8曲に及び、司会者の軽快なトークを交えながらクリスマスソングやエレクトリカルパレードなどを熱演。参加者は手拍子をしながら各々に歌詞を口ずさんだ。同協議会会長の佐藤通安さんは、「スポーツ教室を始めた8年前はケガを危ぶむ反対の声もあったが、今は参加者も年間700人近く。ここまで広がりを見せたことは嬉しいが、これからさらに健常者と障がい者のスポーツの差を狭めたい。時間と場所を確保するのが課題」と話す。最後はサンタクロースがお菓子を配り、体育館をクリスマス色に染めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る