市原市立ちはら台西中学校開校

市原市立ちはら台西中学校開校

 昨年4月市原市の中学校22番目になる「市原市立ちはら台西中学校」が開校した。ちはら台南中学校から分離し、現在生徒数271名。教室は市原産の木材を使用し、木目を基調とする温かみのあるつくりになっている。また、省エネ対応として太陽光発電、雨水利用、屋上緑化などの設備があり、照明もLED電球や無電極点灯方式のライトを使用している。
 平成23年4月から開校準備委員会が発足、制服や校歌、校章に至るまで地域住民が中心となって準備をしてきた。「地域に愛され、信頼される学校づくりを目指します」と語るのは校長の箱石博昭さん。「地域の人たちとともに創り上げ、地域に開かれた学校にしていきたいと思っています。体育祭やPTAバザー等の行事にはたくさんの地域の方々が見に来てくれましたし、部活動のユニフォームも地域の皆さんのご支援で何とかなりました。生徒、職員、保護者はもちろんですが、地域の皆さんがとても協力的で学校を盛り上げようとそれぞれに頑張ってくれています」と話す。
 昨年10月26日の落成式には自分たちの特色づくりの一環として踊りも音楽もオリジナルの「西中ソーラン」を披露。地域に根付き、愛される学校を目指して職員、生徒達は奮闘中である。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る