男の料理

男の料理 ~米粉のおつまみ~

 「独特のモチモチ感があり、小麦粉、片栗粉の代用ができる万能選手。液体に溶かしてもダマにならず、揚げても油を吸わない」と説明したのは山武市で米粉普及に取り組む高田温美さん。ちはら台コミュニティセンター主催で年4回開かれる『男のこだわり料理』、2月のテーマ『おつまみ』の講師を務めた。
 4つのレシピは全て米粉入り。まず参加者8人がとりかかったのは洋酒に合いそうなイタリア発祥のパン『グリッシーニ』。力強く生地を捏ね、のし板に叩きつけると「気分いい」との感想があちこちから。1次発酵後は棒状に成形してケシの実や粉チーズをトッピングしオーブンへ。フライパンで焼いたのは韓国風お好み焼き『チヂミ』。香ばしい匂いがして焦げ目がついたところで60代の男性が豪快に裏返すと「うまい」と声がかかった。『揚げだし豆腐』のたれは全材料を鍋に入れ火にかけるとたちまち半濁色になりとろみがついた。『天ぷら』は青のりやピーナツ粉入りの変わり衣3種。助手の竹石さん、山口さんが「かき揚げにワカメをいれる」など応用アイデアを披露すると全員一斉にメモを取った。
 「自宅では汚すからとキッチンにいれてもらえない。切り方、油の温度など基本がわかった」と話したのはちはら台に住む男性。包丁を持つのもためらいがちだった初参加者は「3年計画で勉強する予定。楽しかった」とおいしそうに自作料理をほおばった。最後に高田さんが「米粉と牛乳で簡単にできるホワイトソース」を紹介した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る