2012千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれて

2012千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれて
「女子プロ野球選手になりたい!」 村越 美咲さん

 昨年末、札幌ドームにて第8回目となる『NPB12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP』(一般社団法人日本野球機構、プロ野球12球団主催)が開催された。同大会は各球団が小学5、6年生の少年少女で編成した12球団ジュニアチームのナンバーワン決定戦。千葉ロッテマリーンズでも選手の選抜が行われ、昨夏、選考会で選定された小学6年生の男女18名が、12月26日、27日のリーグ戦を戦い抜き、惜しくも28日の決勝トーナメントで読売ジャイアンツジュニアチームに敗れ、準優勝となった。千葉ロッテは2010年(第6回)で優勝を飾り、読売ジャイアンツは今回、初の優勝であった。大会前、マリーンズジュニアに選ばれた市原市立五井小学校6年生の村越美咲さんにインタビューした。
◆2012年度のマリーンズジュニアに選ばれた時の感想は?なんでも、一次選考、二次選考と通じて400人の中から選ばれたとか。しかも女子は村越さんを含め2人だけだったそうですね。
「選考会にはマリーンズアカデミーの特別講座に参加した時にコーチに勧められて出ました。ジュニアに選ばれたのは嬉しかったですが、チームに入って皆についていけるかどうか不安はありました。でも、練習をしていく中でチームメイトにはライバル意識を持つようになりました」
◆村越さんが野球を始めたきっかけは?
「6歳違いの姉と2歳上の兄がいて、その兄が野球をやってるのを見て面白そうだと思って、小学2年の時に『オール五井さくら野球部』に入りました。父も昔、野球をやっていて好きだったので、たまにマリンスタジアム(現QVC)や東京ドームへ観戦に連れていってもらいます。ちなみに祖父も野球をやっていたから、私が野球で頑張ってるのを喜んでくれています」
◆プロ野球で好きな選手は?
「千葉ロッテの成瀬選手。ここぞというところで三振をとる!」
◆村越さんも小学3年生の時からピッチャーを。
「はい、監督にやってみないかと言われて。ファインプレーをした時は嬉しい。自分がちゃんとおさえて勝った時も最高。もちろん三振とった時も」
◆野球をやっていて、ケガをしたことは?やめたいと思ったことはありますか。
「ケガは特にないですが、小学2年の時にボールが顔に当たるデッドボールを受けたことはあります。野球をやめたいと思ったことは一度もありません。打ったり走ったりするのが楽しい!」
◆野球以外のスポーツの経験はありますか。
「幼稚園に通っていた頃から小学1年まで、水泳をやっていました。それと昨年9月までは学校の陸上部に入っていました。市原市の陸上大会ではソフトボールを投げて1位になりました」
◆趣味は?
「姉がやっていたので、その影響を受けて幼稚園の頃に始めたピアノ。小学1年の時には全国大会で2位になりました。ピアノはずっと続けたいです」
◆とてもボーイッシュな印象の村越さん。身長166センチのスリムな身体、なにか健康面で気をつけていることありますか。
「睡眠不足にならないように、ということぐらいかな。食べ物の好き嫌いはないし、肉が好物。母の作る肉じゃがが好き。外食なら焼肉」
◆自宅でも何かトレーニングしているのですか。
「庭で素振りをしたり、近所をランニングしたりしています」
 大会終了後に、村越さんに感想を尋ねると、「準優勝することができて、とても嬉しかった。予選、準決勝と試合には出られず、大会で初めてピッチャーマウンドに上がったのがジャイアンツジュニアとの決勝戦で、とても緊張しました。その決勝で3番バッターにホームランを打たれて、悔しくて涙が止まらなかった。この悔しさをバネに、中学生になっても野球で頑張りたいと思います」と強い決意を示した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る