認知症について正しく学ぼう

認知症について正しく学ぼう

 厚生労働省が「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」として実施している『認知症サポーターキャラバン』のキャラバンメイトが講師をつとめる『認知症サポーター養成講座』が2月21日、市立五井小学校で6年生の児童166名を対象に行われた。
 同講座を受講すると『認知症サポーター』となり、目印としてオレンジリング(ブレスレット)が渡される。何か特別なことをするのではなく、自分のできる範囲で認知症の人やその家族を応援するのが『認知症サポーター』である。
 講師は地域で活動している千葉県認知症ケア専門士会の高橋瑞穂さん(54)。「認知症って知っている?」との問にほとんどの児童が手をあげた。では「どんなイメージか」と聞かれると「高齢者」、「ハンディを背負っている人」などという答えが。そこで絵や図を見せ、質問を投げかけたりクイズ形式にしたりしながら認知症という病気と症状、対応や接し方についてわかりやすく説明した。
「覚えられない、日時や場所、人がわからなくなる」といった「中核症状」は脳の細胞が死んでしまうことによって直接起こるので治すことはできないが、「元気がなくなる、自信を失う」といった「行動・心理症状」は性格や環境、心の状態によって出るもので、まわりの人の助けがあれば症状は穏やかになるという。
「認知症の人は不安な気持ちでいっぱい。バカにしたり責めたりしないで。度重なる質問にも答えてあげて。また、認知症の人だけではなく、障がいを持った人、困っている人があればやさしく声をかけてあげてほしい」と高橋さん。
「さあ、今日からみんなも認知症サポーターだよ!」との言葉に「認知症、障がいを持った人を見かけたら助けてあげたい」と積極的に意見を述べる姿が見られた。
問合せ 市原市高齢者支援課
TEL 0436・23・9814

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る