認知症について正しく学ぼう

認知症について正しく学ぼう

 厚生労働省が「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」として実施している『認知症サポーターキャラバン』のキャラバンメイトが講師をつとめる『認知症サポーター養成講座』が2月21日、市立五井小学校で6年生の児童166名を対象に行われた。
 同講座を受講すると『認知症サポーター』となり、目印としてオレンジリング(ブレスレット)が渡される。何か特別なことをするのではなく、自分のできる範囲で認知症の人やその家族を応援するのが『認知症サポーター』である。
 講師は地域で活動している千葉県認知症ケア専門士会の高橋瑞穂さん(54)。「認知症って知っている?」との問にほとんどの児童が手をあげた。では「どんなイメージか」と聞かれると「高齢者」、「ハンディを背負っている人」などという答えが。そこで絵や図を見せ、質問を投げかけたりクイズ形式にしたりしながら認知症という病気と症状、対応や接し方についてわかりやすく説明した。
「覚えられない、日時や場所、人がわからなくなる」といった「中核症状」は脳の細胞が死んでしまうことによって直接起こるので治すことはできないが、「元気がなくなる、自信を失う」といった「行動・心理症状」は性格や環境、心の状態によって出るもので、まわりの人の助けがあれば症状は穏やかになるという。
「認知症の人は不安な気持ちでいっぱい。バカにしたり責めたりしないで。度重なる質問にも答えてあげて。また、認知症の人だけではなく、障がいを持った人、困っている人があればやさしく声をかけてあげてほしい」と高橋さん。
「さあ、今日からみんなも認知症サポーターだよ!」との言葉に「認知症、障がいを持った人を見かけたら助けてあげたい」と積極的に意見を述べる姿が見られた。
問合せ 市原市高齢者支援課
TEL 0436・23・9814

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る