認知症について正しく学ぼう

認知症について正しく学ぼう

 厚生労働省が「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」として実施している『認知症サポーターキャラバン』のキャラバンメイトが講師をつとめる『認知症サポーター養成講座』が2月21日、市立五井小学校で6年生の児童166名を対象に行われた。
 同講座を受講すると『認知症サポーター』となり、目印としてオレンジリング(ブレスレット)が渡される。何か特別なことをするのではなく、自分のできる範囲で認知症の人やその家族を応援するのが『認知症サポーター』である。
 講師は地域で活動している千葉県認知症ケア専門士会の高橋瑞穂さん(54)。「認知症って知っている?」との問にほとんどの児童が手をあげた。では「どんなイメージか」と聞かれると「高齢者」、「ハンディを背負っている人」などという答えが。そこで絵や図を見せ、質問を投げかけたりクイズ形式にしたりしながら認知症という病気と症状、対応や接し方についてわかりやすく説明した。
「覚えられない、日時や場所、人がわからなくなる」といった「中核症状」は脳の細胞が死んでしまうことによって直接起こるので治すことはできないが、「元気がなくなる、自信を失う」といった「行動・心理症状」は性格や環境、心の状態によって出るもので、まわりの人の助けがあれば症状は穏やかになるという。
「認知症の人は不安な気持ちでいっぱい。バカにしたり責めたりしないで。度重なる質問にも答えてあげて。また、認知症の人だけではなく、障がいを持った人、困っている人があればやさしく声をかけてあげてほしい」と高橋さん。
「さあ、今日からみんなも認知症サポーターだよ!」との言葉に「認知症、障がいを持った人を見かけたら助けてあげたい」と積極的に意見を述べる姿が見られた。
問合せ 市原市高齢者支援課
TEL 0436・23・9814

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る