市制施行50周年記念 市原市の50年第3回

市原市市制施行50周年記念「市原市の50年」
第3回【全6回】1983~1992年編

市原の50年を振り返る第3回。今号は昭和58年から平成4年です。市民重視のまちづくりを掲げ、施設や行政サービスをさらに拡充。同時に家庭ごみや雑排水問題、交通事故など、市民に密接な問題がクローズアップされていきます。(米澤)

■昭和58年(1983年)
オンラインシステムが稼働 市制20周年。記念式典で300名を表彰し、元参議院議員の故菅野儀作氏が名誉市民第1号に。行政の簡便化としては窓口オンラインシステムが稼動。市役所市民課と、姉崎・五井・市原・辰巳台の各支所が、10月には全支所・出張所がつながりました。
市原緑高校サッカー部は初の全国総体へ出場。上総国分尼寺跡も国の重要文化財に指定。

■昭和59年(1984年)
長期総合計画が策定、基本理念は「愛・美・躍動」となりました。コミュニティづくりとして7館目の大型施設・辰巳公民館が完成、辰巳台支所が併設移転に。能満清掃工場に代わり、福増清掃工場も稼動します。
千葉県では58年の人口500万人突破を記念し、この年の6月に県民の日を制定。帝京大学医学部附属病院も起工しました。

■昭和60年(1985年)
全中学校の柔剣道場の設置が始まり、五井中、南総中、姉崎中で完成。市内最後の木造校舎だった国府小も新校舎に建て替え。八幡宿駅前には2階建て駐輪場が設置されました。
7月には帝京技術科学大学誘致について基本協定が締結。南総地区には運動広場がオープンし、市原市消防団も7支団85分団で結成。姉崎駅西口では、商業振興の要となる土地区画整理事業がスタート。

■昭和61年(1986年)
八幡公民館の大規模増改築工事が終了、市原支所を併設してオープン。川べりの遊歩道・北五井緑道の整備も進みます。待望の帝京大学医学部附属市原病院は5月に開院し、24時間体制で救急医療の拠点に。
増え続けるごみ対策として、福増に粗大ごみ処理施設、平蔵の最終処分場ではB1地区が完成。生ごみ肥料化の促進には、コンポスター購入の補助金がスタートしました。
7月には、「第1回市原の物産まつり」が開催。街の緑化推進と災害防止を目的に、生け垣作りの補助金も開始。

■昭和62年(1987年)
千葉県東方沖地震 国鉄がJRへと変わり、五井駅では「さよなら国鉄」のイベント。市内の7農業協同組合も合併し、新農協「市原市農業協同組合」が誕生しました。潤井戸には帝京技術科学大学が開学。
昭和59年に議決された「非核平和都市宣言」の平和記念碑が市役所敷地内に完成。千葉県東方沖地震では家屋損壊など、市内にも多くの被害が出ました。

■昭和63年(1988年)
王賜銘鉄剣を発見八幡プールがオープン
1月、日本最古とされる「王賜銘鉄剣」が、山田橋の稲荷台古墳から発見されました。八幡地区公園ではプールが完成、7月にオープン。西消防署有秋分署が完成し、保健婦駐在室を併設した南総支所・南部土木事務所の合同庁舎も業務スタート。五井駅前地区では土地区画整理の主要事業が完成し、東口・西口ともに街路が整備されました。
市制25周年記念式典も実施され、市民公募により、市民憲章、市の花コスモス、市の鳥ウグイスが決定。

■昭和64年・平成元年(1989年)
2月に人口25万人を突破。緑地運動公園には新テニスコート、能満には中央武道館、加茂には新公民館が完成。保健医療サービスの充実と健康づくりの拠点として、保健センター・急病センターも業務スタート。
姉ケ崎駅は橋上化し、五井駅東口には3階建ての立体自転車駐車場がオープン。

■平成2年(1990年)
高滝ダムで貯水開始 公募により「市役所通り」など市道に愛称がつけられました。ちはら台には帝京平成短期大学が開校。養老川臨海公園に海づり施設もオープンし、多くの釣り人が訪れるスポットに。
市役所1Fロビーには上総国分寺七重塔の模型が設置されます。高滝ダムでは貯水が始まり、県下最大の人工湖が出現。国分寺公民館、埋蔵文化財調査センターも完成しました。

■平成3年(1991年)
市道4カ所に、道路愛称のモニュメントがお目見え。高滝ダムの周辺では湖畔公園が完成し、記念広場などがオープンしました。中央図書館も11月に完成。
市長選では小出善三郎氏が3代目市長に選出。姉ケ崎駅では東口・西口ともに3階建て自転車駐車場が建設されました。

■平成4年(1992年)
環境保全を目的に、既設の全ゴルフ場と協定を締結。高齢化社会のコミュニティ拠点のモデルとして、菊間コミュニティ・福祉センターもオープン。サンプラザ市原も着工されました。
ジェフユナイテッド市原のホームタウンとしても決定し、スポーツ文化の振興に期待が。「市都市景観・デザイン研究会」も発足、都市計画・街づくりの助言を行っていきます。

(第4回・平成5年〜平成14年/写真および資料提供・市原市広報広聴課)

祝賀広告掲載の申込はシティライフ営業部TEL.0436-21-9311

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る